スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉浜中学校のひまわりの種活動を紹介します

2013.08.23.22:00

9月から10月にかけて、カンボジアの子ども達に絵本を贈るボランティア活動にみんなで取り組む企画をします。
1回目が日頃市小学校で、2回目が一般公開で子どもと保護者向け、3回目が吉浜中学校で、4回目が一般公開で生協祭りで、5回目も一般公開で末崎町の子どもと一般対象です。
どんなふうにボランティア活動をするかはあとでお知らせしますね。

で、吉浜中学校での打ち合わせに行ってまいりました。
流れで絵本の話になり、指田和子さんという絵本作家の復興支援のことを伺う機会を得ました。
阪神淡路大震災で亡くなった幼い女の子の絵本を作った方です。
その絵本にひまわりが登場するのですが、同じ被災地へとの思いで、ひまわりの種を送ってくださったそうです。
校庭にはひまわりが大輪の花を咲かせていました。
学校では、感謝の気持ちを種とともに広く皆さんにもお分けしたいとの願いから、種を内部に美しく飾ったタオル掛けリングを作り、お配りしているとのこと。
これです。素敵ですよね。
20130823001.jpg
校長室内にその工房がありました。
生徒が時間をみつけては作業に勤しんでいるそうです。
20130823002.jpg
細かい作業ですよね。
扱うものが小さいから大変だわ。
20130823003.jpg
こちらが、その絵本です。
私どもの移動こども図書館事業での貸し出し図書にも、この本を入れようと思います。
20130823004.jpg
こちらの本は、東日本大震災の発災時の様子を絵本にしたもの。
村上校長先生は当時、釜石東小学校におられて、生徒を誘導し避難させた方ですが、その様子を指田さんにお話し、この本が出来上がりました。
絵はなんと!私の好きな、伊藤秀男氏。
彼の作品である絵本「けんかのきもち」は私のお気に入りで、時々読み聞かせに使います。
20130823005.jpg
でも、ページをめくっていくつかの絵を見たとたん、あの頃を思い出して、涙が出てきてしまいました。
今の段階では、とても子ども達に貸し出すことはできないと感じました。
図書資料として、事務所に1冊置いておきます。

スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。