スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人リグリーンの解散総会に出席しました。

2017.06.17.15:44

私はおはなしころりんの他に、いくつかのまちづくりの団体に所属している。
・赤崎復興隊
・さかなグルメのまち大船渡
・黄金の海ケセンプロジェクト
・越喜来の景観形成と住民交流を図る会(通称:リグリーン)

先日、そのリグリーンの解散総会があって、参加してきた。
会の役目を終えた、目的を達したということだ。
坦々と手際よく議事進行され、「んー、えと・・・」などと瞬きしているうちに終わってしまった。
その流れで懇親会。
参加は15人くらいで、終始明るく元気に飲んだりつまんだり。
嬉しいニュースやあっぱれな情報などで、場は盛り上がり、そのまま「これからの越喜来、今後やるべきこと」が話題の中心になって、かなりの熱弁が繰り広げられた。
もちろん、私もガンガン意見してしまう性分で。

誰だって、夢や希望を描きたいのだ。あやうくても。難しくても。
地方はどこも崖っぷち。
悔しい。なんとかしたい。負けたくない。

熱い語り合いも3時間を過ぎた頃、ひとりがボソッと「この懇親会が終われば、リグリーンの活動も本当に終わりなんだなぁ」と嘆いた。
寂しい気持ちがそのまま乗っかったため息のような一言が、胸に痛かったよ。
そしたら、別な方が「でも、今まで本当に楽しかったなーーー!」と、しみじみおっしゃって、夢見るように遠く眺めてた。
「そうだよ、楽しかったな!」「ああ、そうだそうだ!」と周りが同調して、空気が静かになった。

越喜来はこの方々がいるから大丈夫と信じている。私もそこにいたい。
赤崎もあの方々がいるから大丈夫だ。ここにも私関わりたい。
市が復興の象徴と位置付けて注力する大船渡駅周辺地域とは違った、住民による住民のためのまちづくりを粘り強く形づくっていくのだ。
そして、一方で、その大船渡駅周辺にも住民が乗り込んでいくこともやぶさかではない。
よし!
やっちゃえ!
リグリーンHP
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。