スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ころりんさんのネパール活動」第6号

2015.09.23.14:49

11855632_1476015066055334_4475037271131309321_n.jpg
「ころりんさんのネパール活動」第6号です。トゥロさんは気のいいおやじさんでした。あっ、状況って字、間違えてる!ひゃー、既に新聞に載せちゃったのに…。子どもたち読んだかなー。
「トゥロさん、57歳です。震源地域で、お米やとうもろこし、野菜を作っています。鶏や羊の家畜を売ったり、山道で荷物運びもします。家族は奥さんと息子娘一人ずつ。
 地震のときは、家でお昼ご飯を済ませ寝ていました。石と土で造った家は地震の直後につぶれました。
 「あのとき、家族は畑で働いていたのに、自分だけ寝てたから、こういうめにあったのさ」としょんぼり話すトゥロさん。奥さんたちはケガがありませんでしたが、トゥロさんは右足を負傷しました。
 どうしようもなく2週間そのままに放っておきましたが、病院に電話して情況を説明。チャクラさんに「お金は心配しなくていいから、すぐ来なさい」と言われ、「ありがたかった」と話していました。
 その後、一度退院しましたが、雨季のためか、裸足で農作業したためか、傷口が感染症をおこしたので再入院です。2週間の入院費はチャクラの団体から払われますから、みなさんの募金が使われます。1日500ルピーで2週間ですから、7000ルピー(日本円で7000円)ですね。
 「退院したらすぐにまた働きたい。家族やまわりの人たちの幸せが、自分にとっての幸せだ」とトゥロさんは言います。優しく楽しい方でした。」
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。