馬場のぼるの絵本原画展に行ってきました

2014.10.07.08:47

岩手の内陸に用があって出かけたついでといってはなんですが、東和町の萬鉄五郎美術館で馬場のぼる絵本原画展に。
馬場のぼる氏は青森生まれで少年時代と戦後は岩手で暮らしていました。
ほのぼのゆるゆるしたところって、地方育ちだからと結び付けたくなっちゃいます。
江刺は小学校低学年の読み聞かせで、「11ぴきのねこ」や「11ぴきのねことあほうどり」を読むことがありますよ。
20141007001.jpg
ねこのポスターが並んでいるだけで、うれしくてうれしくて…。
原画はやっぱり凄いものがありました。
原画の持つ力って圧倒的。いろんな原画展に行くたびに打ちのめされるんです。
大船渡で原画展、企画したいわぁー!
20141007002.jpg
だははは!「たるにはいるな」だって。
絵本を見たことのある方はわかりますよね、この独特のユーモア。
20141007003.jpg
こういうギャラリーショップは素通の江刺ですが、超目玉商品としてリトグラフが前面に。
なんと、大大大好きな「きつね森の山男」ですもん。即購入。シリアルナンバー292/300。
清貧に近い日常生活なのに、たまーにこんな買い物しちゃう癖があるんですよね。満足!
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク