遠野文化研究センターから絵本や児童書をいただきました

2014.07.29.22:31

総勢7名で、炎天下の遠野の倉庫に出かけました。
遠野文化研究センターは震災後に全国から本を支援物資として受け入れ、被災地等に手渡してくださっているのですが、ころりんの事業にも多くの本を分けてもらっています。
選書中です。読み聞かせに良い絵本がたくさんありました。
20140729001.jpg
移動こども図書館事業への本、仮設で読み聞かせ講座の時に差し上げる本、夏祭りで持って行ってもらう本、復興市で並べる本…用途を考えながら、スタッフがものすごい速さで黙々と選書していきます。
まったく脱帽です。
20140729002.jpg
江刺はこういうことにはすぐ萎えてしまって、片隅にうずくまって掘り出し本を読みふけってしまうのですが、
中村「江刺さーん!好きそうな古書、ここにありますよー!」
江刺「はーい!わぁ、こりゃすごいわ」(再びしゃがんで読みふけり)
佐藤「江刺さーん!欲しそうな民俗学ものがありますよー!」
江刺「はーい!きゃー、これこれ」(再びしゃがんで読みふけり)
スタッフのお誘い声掛けのおかげで、とどまることなく作業させてもらいました。
選書の量は段ボール箱20個でした。

お疲れ様の中華ランチを優雅に食した後、事務所に戻って本の整理もきっちり完了。
これ以上のスタッフはどこにもいないと確信する情熱的な一日でした。
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク