スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船渡の民話を学ぶ研修会をしました

2014.03.30.20:26

地元の民話を題材にして、毎年1話ずつ手作り紙芝居を作成しています。
今年度は、今出山の中腹で製炭家業の男が金脈を発見する話「炭焼き藤太」。
来年度は何のお話にしようかな…って、ん~…地元の民話知らんしー。
ということで、毎年、地元の民話の勉強会を年度末に開いています。
講師は昨年度に続き、日頃市町の佐藤善士先生です。

江刺は民俗学好きなもんだから、鼻息荒く先生のお話にツッコミ入れてしまいました。
先生も応じてくださるものだから、話はあっちいったりこっちいったり。
でも、すっっごく面白かったんですよ!たまらん!
先生とは、いずれじっくり一晩は語り明かしたいと思っているのですが。
20140330001.jpg
釜石市との境、霊山五葉山のお話は特に興味深かったんです。
山にこもった修行者等についてのとき、遥か昔の自分を思い出しました。
若い頃、テントと食料背負ってひとり五葉山に入り、パラリと小雨振るなか、登山道から沢に下りた少しの平地で幕営したものでした。
一晩考えごとをしようとしたのに、疲れて爆睡してしまい、翌朝笑っちゃったというオチ付きで。
で、考えたり悩んだりするのをやめ、大声で歌なぞ歌いながら元気に下山したなぁ。
若い頃ってめちゃくちゃで愉快だわ。
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。