仮設巡回読み聞かせ講座の受講生が図書館での活動に挑戦

2014.01.27.23:14

“やってみっぺし読み聞かせ”と銘打ってすすめてきた県助成の事業、大船渡市内の応急仮設住宅団地等を巡回しての読み聞かせ講座もラストスパートの段階です。
2月は残っていた盛町と猪川町の仮設で開講して終了です。3月は報告書作り。

それぞれの場所で全3回の講座となっていて、
1回目は絵本内容の多様性を学んだり、昔話の持つ意味を考えたり、民話を楽しんだり。
2回目は実際に絵本を読んでみようということで滑舌練習の後に読み方練習。
3回目は子どもたちに参加してもらい、受講生が絵本の読み聞かせに挑みます。
その中から希望者に今度は図書館に来てもらって、一般対象のおはなし会に挑戦です。

この日は行事が重なって、子どもの参加が3人のみ、でも大人の方々がたくさん聞きに来てくださいました。
轆轤石仮設の菊池さんは「はらぺこあおむし」を堂々と読まれました。
20140127001.jpg
永沢仮設の平山さんは「三びきのやぎのがらがらどん」です。
彼女は朗読の活動をされる方なので、はっきりとした滑舌で声もよく通ります。
20140127002.jpg
ダンディな着こなしの菊池さんは、末崎町の居場所ハウスで受講された方。
詩吟の会を取りまとめていらっしゃるだけあって、発声はさすがでした。
「物語と伝えるということは思ったより難しかった」との感想です。
20140127003.jpg
お三人とも「また、やってみたい。チャンスがあったら声をかけてほしい」とのこと。
嬉しい限りです。

あっ!江刺は27日から復帰しました。皆さんにご心配おかけしてしまってすみません。
元気です。たくさんの励ましのおかげさまでパワーアップしましたから。
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク