社協の読み聞かせ教室で実践に挑戦してもらいました

2013.10.14.21:02

初めてのことですが、大船渡市社会福祉協議会から講師依頼がありました。
読み聞かせ教室を開講したいとのことで、全3回で計画を立てました。
1回目は講義、2回目は読み聞かせ練習、そしてこの日3回目は実践です。
生徒さんは6人。
少人数の場合、しっかりコミュニケーションがとれるから、教室が終わる頃には別れが惜しくなるほど気持ちが通じあいましたよ。

おはなし会のプログラムの組み方や、実際のおはなし会の段取りを打ち合わせしました。
その後にリハーサルで最終チェック。
20131014002.jpg
さて、本番のはじまりはじまり。パチパチパチ!
場所は社協の「つどいの広場」、子ども達とお母さんらが集まってくださいました。
最初に江刺の手遊びやわらべ唄でリラックスしてもらいまして、下川原さんがしっかりと「はらぺこあおむし」を読みました。
20131014003.jpg
2番手の岩本さんは子どもの気持ちをつかみながら「おおきなかぶ」です。
20131014004.jpg
ここで、エプロンシアターで気分転換。楽しい「くいしんぼゴリラ」の歌です。
20131014005.jpg
響く声で只野くんは「おじいさんのかお」。子どもから只野くんは人気抜群でしたね。
20131014006.jpg
最後の絵本は鈴木さんの「サンドイッチサンドイッチ」、彼女らしく可愛らしい読みでした。
20131014007.jpg
30分のおはなし会はあっという間でしたが滞りなく終わり、皆さんホッとしていた様子。
「こんな経験は初めてで、とても緊張したけど、とにかく楽しかったわー」と異口同音。
感想や反省など述べ合って、そのまま交流会して終了です。
江刺も楽しかったです。皆さん、またどこかでお会いしましょうね。
スポンサーサイト
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク