スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田米中学校で特別授業してきました。

2015.05.27.20:27

大船渡市の隣の気仙郡住田町は世田米中学校から、国際理解の特別授業の依頼がありました。
なにやろっかなー、カンボジア行きを考えてる冬あたりになにかやろっかなー…なんて考えていたのですけど、ネパール地震の発災をうけて国際理解なら今だ!と思って、決行です。
こんなんどうでしょと学校側にもっていったら、時間は2時間・対象は全校生徒でやってと・・・。
江刺の心の中「ゲゲッ!こっちは一人なのよー、しかもこんなに素人だし、勘違いしないでー」
江刺の口が動く「はい、やりましょ。今こそ、ネパールのことを知ってもらい、感じてもらい、考えてもらうチャンスですから、是非!」
で、実施。
3時間目が座学にしてパワーポイントを使ってお話しました。
4時間目はワークショップにしてみました。
それがね、感動的大成功でしたよ。
20150527001.jpg
素直でまっすぐな心の子どもたちに助けられましたね。
20150527002.jpg
その後は、末崎小学校でネパール募金の引き渡しでした。
震災直後に避難所を回って絵本を読んだときに2年生だった子たち、6年生になって生徒会執行部を務めていました。
募金を手渡す前に一言いただいて、その内容に江刺は泣きそうになりました。
20150527003.jpg
来週は、盛小学校と大船渡北小学校からも募金を預かります。
スポンサーサイト

ネパールへの募金が集まってきています。

2015.05.19.22:27

先月25日に募金活動の呼びかけをスタートさせて、今日で25日目です。
469人から約67万円の募金協力をいただいています。
小さな子どもさんからお年寄り、すぐご近所さんから福岡とか遠方からも。
ご協力ありがとうございます。
これは先日、吉浜中学校の生徒会のボランティア隊からのときの様子。
20150519001.jpg
その次の日は、大船渡小学校からもいただきました。
今日は、大船渡西ロータリーさんからも。
東海新報からの取材もありました。
どうしようかな。
江刺がネパールまで募金を運ぼうかなってちょっと考えています。
んー、どうしようかな。

おはなしサロンの小さいお客様

2015.05.10.18:02

今日のサロンの当番は入小さんと江刺でした。
ネパール地震の募金の方々と、サロン利用の方々で賑やかでしたよ。
なのに…記録写真を撮り忘れ、なんだかもったいなかったわー。
撮ったのは、これ1枚! ケーちゃんの力作です。
江刺「すごいのできたね、でも、これ何かな?」
ケー「あのねー、ハウルのう(お)しろ」だって。
圧巻の創造力。感動して写真におさめたわけです。
おとな、これ作れるか?絶対できんわ。
子どもってすごいなぁ。黙々と壊して作り壊して作り壊して作り続ける集中力。
積み木遊び1時間のあとは、読み聞かせをぶっとおして30分。
母親「も~、走り回って、大きな声で話すし、市立図書館には連れていけない」だって。ホント?
言っておくけど、ケーちゃんはまだ4歳です。
20150510001.jpg

「おはなしサロン」の5月報告です

2015.05.03.14:59

中央共同募金会とソフトバンクが組んだ「赤い羽根チャリティホワイトプロジェクト」からの補助金で運営している「おはなしサロン」
5月報告を短い文章で提出しました。以下。

 子どもたちと地域住民の図書による交流スペース「おはなしサロン」には、今日も穏やかな笑い声が響きます。いろんな方々が自由に出入りし、いらっしゃる目的はそれぞれ。そして、サロンでの新たな出会いも広がっている様子がうかがえます。
 先日は、一般向けに読み聞かせ講座を開講し、読み聞かせを通して読書の楽しさを子どもたちに伝える活動について、受講者と語り合いました。多くの本に触れる機会や、自分の大切に思う一冊との出会いの場の提供が、子どもの豊かな人格形成に必要不可欠であることなど、議論は尽きません。地域の住民が、こうして分け隔てなく地域の子どもの生活環境等について考えることは、子どもを見守る意識へ結びついていくように思えます。
 その受講者の方々が「おはなしサロン」での読み聞かせに挑戦しました。集まった子どもたちの瞳は、好奇心でキラキラと輝いています。読み聞かせという行為は、それを手段に子どもを支えたいという気持ちの表れですから、それに対し子どもは大事にされていると認識し、心が解放されたかのような表情で安心しながら、物語に耳を傾けています。こうした時間を積み重ねることで、子どもののびやかな成長の基盤ができてくるのだと思っています。
 津波浸水域に設置された「おはなしサロン」から、子どもと地域住民が育てる「気持ちの分かち合い」という大木が、夏に向けて枝葉を伸ばしていくところです。
20150503001.jpg
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。