宮城県栗原市で講演をしてきました

2014.11.30.15:52

毎日とめどなく活動に励んでいますが、ブログアップの時間すら見いだせないこの頃。
久々の更新です。

「栗原市手をつなぐ育成会」と「栗駒手をつなぐ育成会」の合同で「福祉講演会」があり、講師として行ってまいりました。
前日夜中の12時まで会議して、その後は学さんとなんだかんだ真剣トークして、朝7時には栗駒目指して出発というタフワークでしたが、不思議と頭はさえていました。
1時間30分の講演の演題は「本でつながろう!本で心を育てよう!みんな一緒に」。
副題は「人と人のつながりを生む読み聞かせ」。
読書活動の推進にとどまらず、地域コミュニティづくりとしての読み聞かせ活動をテーマに、大船渡で行ってきた事業の概要をご説明したり、成果の報告、具体的事例、実際の一部をご覧いただきました。
参加者は保護者・民生委員・地区長・中学校の先生方・市議会・市職員・一般など。
皆さんよく聞いてくださって、楽しいところは楽しんでいただけたみたいで良かったです。

会長の佐々木さんは「山の専門家」で、私は元山登り女子なもんだから気があっちゃって、講演後に栗駒高原へ。
栗駒五湯のひとつ、秘湯「新湯温泉」くりこま荘に行きました。
そこでごちそうになった岩魚丼が、びっくりするくらい美味しかったのです。
20141130001.jpg
時間がなくて、露天風呂に入ることができませんでしたから、それは次回のお楽しみにとっておくことにしました。
帰りはさすがに疲れが出て、ちゃんと安全運転していたけど、なぜか道を間違えて危うく石巻に着くところでした。
気仙沼のコンビニ駐車場でお昼寝して、8時には帰宅できましたよ。

しかし…、皆さんにとてもよくしていただいたのに、たくさんのことがあったのに…写真が岩魚丼だけってないよねー。
スポンサーサイト

わらべ唄講習会をころりん会員対象に行いました

2014.11.19.20:31

震災の年から途切れることなくご支援いただいている盛岡の方々です。
澤口さん、名古屋さん、藤澤さん、滝田さん。大事なお友達。
大船渡の親子を元気付けようと、猪川保育園併設のおひさま広場にいらっしゃいました。
その午後に、彼女たちからわらべ唄を教えていただいたわけです。
20141119001.jpg
数々のわらべ唄をご披露いただき、その度に「すごいなぁ・・・きれいだなぁ・・・ホントいいなぁ・・・」とうっとり。
心が解されていく感じ。
童心にかえって大笑いしながら、お手玉遊びも教わりました。
20141119002.jpg
「雪が解けて春になったらまた来ます」と笑顔で戻って行かれました。
こんなによくしていただいて、このままでいいはずがないと思うんです。
何か彼女たちのお役にたちたいな。何が江刺にできるだろ。
考えよう。何かある、きっと。

小学校の学校行事「図書祭り」に出かけています

2014.11.17.22:04

読書の秋、1年を通じて一番おはなし会の依頼回数が多いのが、この11月。
市内に12校の小学校のうち、いつも6校には定期的に行って読み聞かせしていて、そのほかに11月には「図書祭り」行事があってお声がかかるんです。
今年度も7校から依頼がありました。
①立根小学校 11月11日
②末崎小学校 11月14日
③赤崎小学校・蛸の浦小学校 11月17日
④猪川小学校 11月19日
⑤越喜来小学校 11月20日
⑥綾里小学校 11月26日
普段の定期的に行っている小学校ではないところもあります。
今日は赤崎と蛸の浦で、江刺は3時間目が6年生に、4時間目が5年生に入りました。
それぞれの時間の終わりに読んだのは、長谷川集平作の「ホームランを打ったことのない君に」でしたが、みんなの食いつき方がすごかったなぁ。
その集中ぶりを肌で感じて、江刺はちょっと泣きそうでしたよ。

ころりんサポーターのお二人がいらしたランチタイム

2014.11.13.21:46

今日の午前中は山岸仮設で読み聞かせ講座とお茶会をしてきたのですけど、帰り道にすっばらしーい虹を見ました!
「こりゃあ、なんかいいことあるかもしれん!」と少しドキドキしたんですね。
事務所に着いたら、素敵なお客様がいらしてました。
震災直後の、この事務所立ち上げ時期に個人ボランティアとしてお手伝いいただいた佐々木さんと柴田さんでした。
苦しい時期に関わってくださり、今もこうしてつながっているんです。
遠くからいらしたお二人を囲んで事務所スタッフ満面の笑みです。
20141113001.jpg
毎日朝から晩までバタバタめまぐるしいですけど、そして嬉しいことと残念なことがどんどん押し寄せてくるけど、何が起こるかわからないから面白いよねー人生って。
この嬉しそうな顔!
一人ひとりのこの笑顔を守りたいなって思うんだわ。
そのためなら全然へっちゃらで勝負しちゃうもの。

カンボジアに絵本を贈る活動in盛小学校・越喜来中学校

2014.11.11.18:13

この事業の連携先である伊藤忠記念財団の岩沢さんが東京から、シャンティ国際ボランティア会の三木くんが釜石から参加してくださいました。
遠くからおいでいただいてありがとうございます。
三木くんは実際カンボジアに1年間駐在したことがあるのでその様子などお話しし、岩沢さんは東京でこの絵本づくり作業をされた経験から子どもたちのご指導役になりました。
20141111001.jpg
いつもおはなし会ではニコニコしている6年生ですが、授業となると顔つきもキリリとしていて真剣そのものです。
20141111002.jpg
こちらは越喜来中学校の3年生です。
小学生のときによく読み聞かせで仲良くしていた生徒たちなもんだから、数年ぶりのみんなとの再会がとても嬉しかった。
みんなも覚えててくれて。ありがとうー!やんちゃなところもメチャクチャ可愛い。
20141111003.jpg
さて、当事業は今年度も無事完了です。以下は訪問先と対象者。
①日頃市小学校 5年生と6年生
②世田米中学校 1年生
③赤崎復興市 一般市民
④大船渡高校 希望者
⑤サポートセンターおたすけ 高齢者
⑥盛小学校 6年生
⑦越喜来中学校 3年生
⑧大船渡市働く婦人の家 一般市民
合計180冊の本ができ、東京の担当者にお送りしました。
皆さんのご協力に感謝申し上げます。
誰かのお役に立つって、嬉しくてなんだか元気が湧いてくるよね。

「感謝のことば」エッセイの表彰式がありました

2014.11.09.19:44

モラロジー研究所の大船渡事務所および陸前高田事務所が主催で、「ありがとう」の気持ちを小学生に作文してもらうコンテストです。
大船渡市・陸前高田市・住田町の18小学校の4・5・6年生307人から応募がありました。
江刺は選考委員をしていますし、「おはなしころりん賞」というのにも関わっています。
20141109001.jpg
大船渡市長賞を受賞した4年生の畠山くんの作品には感服しました。
将棋が好きな畠山君は礼儀を大事にしているのだそうです。
なぜなら将棋は相手がいないとできないからというのが理由。
家族から友達から将棋の先生から・・・みんなが対戦相手になってくれることに感謝しているのですね。
ありがとうという言葉を、「勝っても負けても、いい経験をさせてもらったという気持ちを相手に伝えるため、ぼくはこれからも心をこめて言いたいです」。
私も含め、大人たるもの、子どもたちの見本にならねばね。

桂文我師匠と打ち合わせしました

2014.11.04.22:10

毎年、絵本作家先生をお招きして、講演会やワークショップなどで交流して、子どもたちの読書に対する関心を高める事業を行っています。
今年度は、落語家の桂文我師匠に来ていただくことになっているのです。
師匠は絵本もいろいろ出されているので。

大船渡にいらっしゃる機会到来ということで、ご挨拶に宿泊先へお邪魔してきました。
時間帯は・・・なんと朝です。お忙しいのにごめんなさい、師匠!
にこにこしてお優しい印象、お話を私に合わせてくださる配慮はありがたかったです。
朝食に出た納豆をいただきました。うふふ、面白い方だなぁ。
20141104001.jpg
曰く、「絵本作家はいいですねぇ、ウソ言わないですから」「小説家はたとえて言うなら“イースト菌”、絵本作家は“ドリーマー”」
楽しかったなー、おはなし聞くのが。ひき付けられるもんね。
江刺「あのー、師匠ってお呼びしてもよろしいでしょうか?」
師匠「さんづけにしてください」
江刺「えっ、えと、えと…う、うー…、か、桂さん…ですか?」
師匠「はい!」
だははは、嬉しーい。
来年の2月22日にころりん企画「こども寄席」するのがすっごい楽しみ♪

カンボジアに絵本を贈る活動in末崎

2014.11.02.18:17

この日は高齢者施設にて活動を行いました。
天気予報では終日不安定な空模様とのことでしたが。
早朝に高い山に届くような虹を眺め、午前中にはころりん事務所の真上に虹を眺め、お昼休みには漁港から虹を眺め、午後のこの活動に向かう途中にこんな綺麗な虹を眺め・・・終わらないのだもの。
「うわー!」「まただ!ラッキー」「あらら、まただわ」「えっ、ここにも」って感じ。
夢のような、物語の中に閉じ込められたような、摩訶不思議な感覚で。
ひとりでいるときに見えるものだから「現実よね」と確認するため写真を撮ってみました。
うん、現実だわ。
20141102001.jpg
サポートセンターおたすけという小さな施設に高齢者7人集まってくださいました。
子どもたちと違って、ワイワイと話に花が咲き、それでも手はしっかり動いていくという大人の仕事ぶりです。
20141102002.jpg
作業が終わってからは、お茶会をしました。
出るわ出るわ、がんづき・なべやき・漬物・大福餅・おせんべいなどなど。
「食べろ食べろ」と言われるので素直な江刺は食べる食べるぅぅぅ。
お夕飯抜いてもお腹が苦しくて、おかげさまで早寝して日頃の疲れをとったのでしたとさ。
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク