だから地元は面白いなぁって思います

2014.08.27.21:16

今日は、日頃市小学校の5年生に読み聞かせをしました。
地域の民話の手作り紙芝居を読みましたよ。

大船渡の口伝の民話を題材に、毎年1作品ずつ手作り紙芝居を制作しています。
原稿はおはなしころりんの紙芝居チームが担当し、絵はいろんな方々に依頼して描いてもらっているんです。

今日、日頃市小学校で読んだのは、日頃市の伝承民話「下関谷のざしきわらし」。
下関谷さんちに伝わるお話で、そちらの敷地内にはなんとざしきわらしのお墓があるから驚きです!
絵は大船渡高校の美術部の新沼君に描いていただきました。

で、5年生に読んだ後、おもむろに女の子が私に言うには、
女子「このお話に出てきた松館城のお殿様は、新沼綱清っていうんです」
江刺「えっ、そうなの?ずいぶん詳しいねー」
女子「はい、だって私、子孫なんです」
江刺「えぇっ!?し、し、子孫!?ひゃー!!」(興奮)
男子①「おれら、松館城の跡地でよく野球してるよ」
江刺「なにっ!?どこなのそれ!?」(さらに興奮)
男子②「ほら、あの山のこっち側をあがって、その後ろ」
男子①「ときどき、その辺で宝石が落ちてるのを見るよ」
江刺「なななななにー!?ほ・う・せ・きー!?」(ひとり激しく興奮)
民話が生き物のごとく怪しく息づいていることを実感。大船渡ってすごいわ。
スポンサーサイト

江刺の一日をご紹介します

2014.08.25.22:23

標準的な一日ですけど、活動の様子がわかるかなと思って。
まず朝、この頃は6:30にはころりん事務所に出勤です。
スケジュールを頭ン中で整理したり、ネットであれこれ、家計簿つけたり、いろいろ。
8:00には盛小学校に出かけて「朝学習おはなし会」を8:15から。
今日は1年生でした。「オレ、その本知ってるー」「そっちも読んでー」
まぁ、なんというか、とことん元気なんだわ、これが。かわいくってなー。

事務所に戻って、みんなが出勤して、9:00に朝ミーティングで一日の流れの確認等。
その後は各々のお仕事へ。
江刺は9月3日に釜石である県教委主催の研修会への提出資料など作成。

お昼休み、今日は月1回のスタッフランチの日ですから、8人で食事に行きました。
立根町の新しいカフェで「ルポゼ」ってところ。江刺はスープカレーをいただきました。
30~50歳代の熟女8人なので、まぁ、なんというか、爆笑につぐ爆笑で大騒ぎです。

午後も事務処理で、定例会報告書を作成したり、9月の講座の打ち合わせ等。
で、15:00からは越喜来小学校で放課後おはなし会でした。
江刺はこちらでは毎年4年生の担当です。
ドイツ人の絵本作家エリック・カールのブックトークで作品や彼の生涯などをご紹介。
みんな、目線がまっすぐこちらに集中したまま。私が笑うとみんなも笑う。
その後、移動こども図書館事業の配本を越喜来小学校でしました。
1クラスに30冊の図書で、「ころりん新聞」が入っています。

事務所に帰って、今朝崎浜の畑から採れた秋ナスをスタッフに分配。
いつもはその後、残業へと突入するのだけど、故あって今日はお仕事終了しました。
さて、明日もがんばろう!

宮田仮設(立根町)で読み聞かせ講座をしました

2014.08.21.16:23

まぁー暑いことこのうえなし!
この暑さのなかでも皆さんが来てくださいます。そして、一緒に講座を楽しんでいます。
はじめに、わらべ唄をご紹介して、子どもの頃を懐かしむ内容を盛り込んでいます。
遠野のわらべ唄を江刺が歌い、その大船渡バージョンをお聞かせし、写真のように佐藤さんが今の保育園で遊ぶわらべ唄をご披露しました。
わらべ唄って、子どもがちゃんとした人に育ちますように…っていう願いが込められた関わり遊びなんですよね。
20140821001.jpg
1時間半ほど、なんやかんやと講座を進め、お昼前に終了です。
その直後、明治大学のご支援で流しそうめんをいただきました。
ちゃっかり私どももいただいちゃって…。ご厚意に感謝です。
20140821002.jpg
そして、甫嶺仮設での講座も無事終了。
来週は長洞仮設と地の森仮設で予定しています。

赤崎復興隊、助成金の採択が決定しました

2014.08.15.22:03

盛町在住の江刺ですが、隣の赤崎町の応援もしています。
赤崎復興隊の一員として活動しているんです。

9月21日に赤崎復興市を開く計画を立てていますが、その活動の資金にと助成金申請をしました。
江刺ができることといったら、このテの事務方ですので。
満額で採択いただきましたよ!やったー!
ひとつは大船渡市市民活動支援事業、もうひとつ公益財団法人さんりく基金。
この二か所からの助成金を、出店の枠8棟制作と運営資金に充てます。
お盆明けには赤崎町内の大工さんに出店枠を作っていただけるか打診するところです。

簡易ですけど綺麗で新しいお店をご用意して、来場の皆さんに喜んでもらいたいなぁ。
金野館長はじめ、復興隊の皆さんや神戸大学の皆さんに喜んでもらいたいです。
9月21日には中赤崎地区で行う赤崎復興市に是非いらしてくださいね。

道中踊りに参加の元気な三人組です

2014.08.13.16:33

少し前のお話ですが・・・・・
三陸大船渡夏祭りのときに道中踊りがあって、大船渡のFMコミュニティラジオ局“ねまらいん”が参加したんです。
それで、市民DJも“ねまらいん”組の一員として加わったわけですが、昔話の朗読番組「おはなしのおくりもの」を担当している私たちも…ということで踊り参加希望者を募ったら、天野さんと古座さんと中村さんが手を挙げてくださいました。

そして、当日は、2晩の踊り練習の特訓の成果をご披露くださいました。
道中踊りが終了してもこのハイテンション!
そのバイタリティに脱帽です。
20140811001.jpg
そうそう、“ねまらいん”で番組の人気投票をリスナーに実施したそうです。
収録番組部門で、「おはなしころりんがダントツ1位ですよ♪」とのこと。すごーい。
千田さん・天野さん・小笠原さんチーム、おめでとうございます!

あっ、そうそう、ころりん事務所はお盆の13日から16日までお休みです。
17日の移動こども図書館の末崎巡回はいつも通り行います。
お休み中にご用の方は、江刺(08060277321)携帯までご連絡願います。

盛町の七夕あんどん祭りで出店しました

2014.08.10.21:55

旧暦の七夕祭りの日に、盛町ではあんどんの山車をひいて、幻想的なお祭りをします。
あんどんの山車は精霊流しの意味合いがあるんです。
ころりんでも出店し、雑誌や絵本等の無償提供・10円くじ引き・永沢仮設のおばちゃんたちの手芸品販売の3つコーナーを作りました。
20140810001.jpg
10円くじの午後の様子。中村さんです。
景品は様々なところから寄せられた支援物資のおもちゃ類。
江刺のデリー大学の後輩、林は今年もいろいろ送ってくれました。サンクス♪林。
20140810002.jpg
10円くじの夜の部。廣野さんです。
江刺は後半体調がしんどくなって座りっぱなしでしたが、廣野さんと古座さんと及川さんがものすごくがんばってくださって、成功裏に終了!
なんであんなにがんばれるのか…その奮闘ぶりに感動した江刺でした。
相互信頼で結ばれたチームって感じだよね、私ら。
20140810003.jpg
これは江刺が山車に描いた岩手のご当地ヒーロー「ガンライザーNeo」。
20140810004.jpg
提供した本は約230冊。
10円くじの売り上げは約3,700円(えっ!?370回!?すごっ)
傍らに置いたころりん募金箱には約5,500円(ありがとうございました!)

遠方より親友来る

2014.08.04.22:13

東日本大震災以降、何人もの親友らが力になってくれました。
遠方であり、疎遠にしていたのにもかかわらず。
私なんかのために案じて一肌脱いでくれる人たちがいるということに涙しました。

また、復興支援が縁で親友になった方々もいます。
支援する側される側の立場を超えて、お付き合いをさせてもらっている人たちがいます。
会う機会は多くありませんし、頻繁にやり取りしていなくてもお互いが分かり合えるし、信頼している大切な人たち。
そんな親友のひとり、海老澤さんがお仲間をお連れして大船渡にいらっしゃいました。
20140804001.jpg
今回彼女と顔を合わせる直前、支援のあり方についての見解の相違で衝突があって、江刺はメソメソしていたんです。
そして、道でふっと彼女に会ったものですからハグして号泣してしまいました。
ありがとう。話を聞いてくれて。賛同してくれて。一緒に泣いてくれて。
気を取り直して、もうひと踏ん張りがんばってみます。

仮設団地での読み聞かせ講座を始めています

2014.08.02.11:56

「やってみっぺし読み聞かせ2014」事業です。県からの助成で実施いたします。
「やってみっぺし」は大船渡の方言で、「やってみましょう」って意味。
応急仮設住宅団地等で学びの場として読み聞かせ講座を開き、民話や物語を楽しみながら、子どもへの読書活動を一緒に取り組むことでつながっていこうというものです。
この日は、小中井仮設団地でした。
ウニ漁解禁と小学校プール当番があり参加者は3人でしたが、たびたび関わっているうちに仲良くなった大切な3人の方々ですから、来ていただいて本当に嬉しかった!
お元気そうでよかった。
20140802001.png
小中井仮設には2回の訪問を予定していて、1回目のプログラムの最後は大船渡の民話の手作り紙人形劇ペープサート。
大船渡町永沢に伝わる民話「こおろし」です。
20140802002.png
講座のあとのお茶会で蓮の花が咲いているという話になりました。
何でも中尊寺の古代蓮をこの末崎地区に株分けしたそうで、花が見ごろとうかがい帰りに寄ってみたのでした。
20140802003.png
一緒にお茶会した大船渡市社会福祉協議会の方々と合わせて6人で急きょ蓮の花見。
この世のものかと一瞬目を疑うほど綺麗でしたよ。
直径30㎝ほどの大輪の花が真夏の風に揺れます。
セミや山鳥の声。あとは何も聞こえない。
蓮を見ながら、お釈迦様の生誕の地、ルンビニの菩提樹を思い出しました。
やっぱり暑い風が赤茶けた地面に砂埃をあげながら吹いて、黄色のインコの声だけが響いているにちがいない。
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク