スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表彰を受けました。身に余るってこのことですね。

2014.06.30.23:13

岩手県青少年育成県民大会 功労者表彰を受けました。
盛岡でいただいてきたのですが、最前列に今野さんがいらしてて、立ち上がって拍手してくださいました。
こういうのって、身の置き場がないですよね、過分で。
ありがとうございます。

大船渡に帰って、ころりん事務所のスタッフにご報告したら、みんな自分のことのように喜んで、盛大な拍手をいただいたし、お祝いの歌まで歌ってもらいました。
みんなの嬉しそうな顔を見ると、私も嬉しくなるんですよね。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

陸前高田市立高田小学校での警察関係の活動をしました

2014.06.27.23:29

今日は朝から夕方まで高田小学校で、地域安全アドバイザーとしての活動で、ころりんはお休みしました。
小学4年生の元気な子どもたちと「地域安全マップづくり」に挑戦です。
江刺は4班担当。これが4班の8人組です。
あっという間に超仲良くなって…楽しかったなぁ~。
20140627001.jpg
午前中は実際に小学校周辺を調査でした。
危険な場所は?人通りは?街灯はあるか?「こども110番」お家はないか?
午後は調査したことを模造紙におとしていきます。
はじめは…
「危ない場所に“危険”って赤色で書いたらどうかな」
「このあたり、ガードレールがなくて危ないよね。それ、書くね」
終わり頃になると…
「おれ、カエルも描く」「あー、じゃーおれはオタマジャクシ!」
「不審者の鬼も描くべ」「自分の顔も描こうよ」
20140627002.jpg
最後に、班ごとに完成したマップを見せながら発表です。
20140627003.jpg
これが4班のマップです。素晴らしい!
20140627004.jpg
子どもと何かを完成させるために一緒に取り組むって、とーっても楽しい!
読み聞かせ活動は総じて一方通行になりがちだけど、今回のをヒントに参加型のおはなし会もいいかもなーって思いました。
4班の愉快な8人組さん、お疲れ様、ありがとう。

県教委の読書ボランティア研修会で事例発表しました。

2014.06.26.22:41

年に一度の研修会、岩手県中からの参加者370人が花巻市の生涯学習推進センターに集いました。
午前中は、絵本作家の宮西達也氏の講演です。
芸達者な方で、参加者は笑いの連続にすっかり心が解放された様子でした。
20140626001.jpg
午後は事例発表2つで、江刺と、中学校の副校長の方。
ころりんの事業を全部紹介したってしょうがないなと思って、活動の報告は仮設団地巡回読み聞かせ講座の一部に焦点をしぼって発表してみました。
私の思っていること、つまり「読書活動」への新たな価値を創造して、地域に広め定着させ、大船渡の皆さんの価値観を変えたいということ。
もう一つは、活動を持続させるにあたっての課題(人材不足・資金不足・環境の悪化)と対策をお話しました。
20140626002.jpg
その後は参加者が小グループに分かれて、情報交換をしました。
ころりんからは5名の参加。
それぞれどんな収穫があったのか、振り返りをするといいですよね。
20140626003.jpg
江刺にも大収穫がありましたよ。
来年度事業の連携先から詳細な情報収集ができました!超ラッキー♪

経済センサス基礎調査・商業統計調査をしています

2014.06.22.22:47

不器用なのに、万屋よろしく何でも頼まれれば「はい!やります」と即答の江刺です。
お断りするという発想がハナからないのだから、我ながら不思議な性分だ。
で、
この頃は、経済センサスの調査員をしていて、盛町の半分の事業所を担当。
活動の合間の時間を調査にあて、テクテク歩き回っては、初めて会う方や懐かしい方などとの出会いを楽しんでいます。
もちろん楽しいことばかりではないけど、何をやったとしても楽しいことばかりじゃないのだから、別段気にもしないし。

っていうか、事業所によって私への対応がそれぞれ違っていて、社風というか経営姿勢というか、肌身で感じることができるので参考になります。
明日も2時間ほど、調査票を配布に回ってから、盛岡へ出発することにしようと考えています。

岩手ボランティア育成会の助成金贈呈式に行ってきました

2014.06.21.21:48

今日から10日程、江刺は事務所不在であちこち遠出の日々に入ります。
今日は盛岡市。
岩手ボランティア育成会の長澤基金からの助成です。
三年目ですが、「三年まで」というきまりがあるので、今年度が最後となります。
気仙地域の民話を題材に手作り紙芝居の制作費用。

この長澤基金は、一昨年前に亡くなられた長澤さんという方の個人資産を助成金にして、地域の団体の草の根的活動を支援するものです。
平成13年からスタートしたというお話。
毎年30前後の団体が助成金をいただいています。
すごい方がいらしたものだ。
大事に使わせていただきます。

大船渡町の地の森八軒街イベントに参加です

2014.06.17.23:38

今年度の移動こども図書館事業では地域行事やイベントにも出張することにしていますが、どんどんイベントがあるのでどんどん参加しちゃうのでした。
今回は、地の森八軒街というプレハブ仮設店舗での隔月イベント。
依頼は…出店と、おはなし会と、それから司会!
ひゃ~~、でも、依頼があるって嬉しいから四の五の言わず喜んでお引き受けしますよ。

オープン前、お天気良くてよかったですね。
20140617001.jpg
大船渡市のゆるキャラ「おおふなトン」。おとぼけで明るいひょうきんもの。
おしゃべりしないのに、江刺は司会権限で激しくツッコミいれました。
イジリたくなるキャラクターです。かわいいなー。
20140617002.jpg
こちらは、陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」。天使のようなかわいらしさ。実際に妖精とのこと。
ひかえめにたたずむのだけど、それでかえってその愛らしさが際立つんですね。
20140617003.jpg
で、この2人ゆるキャラの間で司会進行している間に、ころりんブースはどうかというと、この通り大盛況です。
20140617004.jpg
あっ!ころりん募金箱を置いておくことを忘れてしまいました!
次回からやってみましょ。活動資金にしたいですから。

salesforceの紹介セミナーに行ってきました

2014.06.15.19:13

時間をやりくりして、気温高めの仙台に出かけました。
おはなしころりんファンクラブを作ろうかなって思ってるんだけど、その会員のデータ管理や事業の進捗状況をまとめるのに導入を考えてて。
吹けば飛ぶような小さな団体には、こんなスゴい代物はやりすぎでは?の意見も確かにあります。
かくいう江刺も「そうだよねーやっぱ…」。

紹介セミナーだから、当然「お得!」「便利!」「重宝!」って感じでぐいぐい押してくるのだけど、自分で言うのも悲しいが江刺は単純だから「そうよねー」「そうだよねー」「そのとおり!」ってなっちゃう。
情報管理の活用にはもちろん素晴らしく効果的!
でも、江刺が興味深く聞き入ったのは、データの分析機能のことです。
これ、ほしーい!
団体をステップアップさせるのにタイミング的にもちょうどいいと思うんだわ。
操作とか超むずかしいらしい……いいさ!勉強する!!
例によって根拠はないがやれそうな気がする。←あぁぁ、我が単純性格に乾杯。

盛岡市の仲間から寄付金をちょうだいしました

2014.06.13.23:45

いくつかの読み聞かせなどの団体の有志が「もぐらどんのわらべうたとおはなしかい」というユニットチームを組んでいます。
そして、震災の年からずーっと大船渡市へ支援に来てくださっているんです。
猪川保育園に併設された「おひさま広場」という地域子育て支援センターで、わらべうた等で親子に楽しい時間を提供します。
その支援活動のあと、かならず事務所に寄って、私たちと交流してくださいます。
お土産には、素敵な折り紙とか、わらべうたの資料とか、イベントちらしや図書便りとか…
20140613001.jpg
今回は、3つの団体からのご寄付を届けていただきました。
チャリティおはなし会での収益金等です。
すみません。ありがとうございます。大事に使いますから。
このお金を集めるのにどんなに大変だったか…「もっともっとしっかり活動をやらなくちゃっ」って思う。

赤崎ミニ復興市にもころりん号出動です

2014.06.11.19:37

さて、入梅で雨降るなか、赤崎復興隊による「赤崎ミニ復興市」が開催されました。
一隊員の江刺としても、当然ブースを構え、赤崎住民の金野さんと実家が赤崎の及川さんを巻き込み、本と雑誌の無償提供活動を行いました。
これは、準備中。紙は雨に弱い!工夫を凝らしてお店づくり。
20140611001.jpg
雨の中だというのに、10時開店時には怒涛のようにお客様がなだれこみました。
告知は赤崎町民限定でしたが、このとおり!
20140611002.jpg
うちのブースも思い思いに本選びを楽しむ皆さんに囲まれ、活気がありましたよ。
20140611003.jpg
お買い物が終わっても、皆さん残っておしゃべりしていました。
赤崎町民同志の付き合いですもんね。
「ありゃー、あんだ、元気だったべが!なに買ったのす?」
「これ、うみゃーごど。もう一個買うべし」
「雨んなが、よぐこんなごとやるなー、風邪ひかにゃーようにしらっせんよ」等等
20140611004.jpg
こう言ってはなんだが、雨天の開催で、企画する方も訪れる方もつながりが強まった印象があるんですよね。
お顔や髪の毛を雨でビショビショにぬらしながら、声かけあって「せーの!」って重い荷物運んだりするのが嬉しかったです。
雨ってやっぱ気持ちいいよね。アジアの雨季のシャワーを思い出す。

さんりく駅の陶器市にころりん号出動です

2014.06.09.23:06

三陸鉄道南リアス線のさんりく駅の駐車場で、陶器市がありました。
全国十数か所の窯元から、こだわり作家の作品が集められ、展示販売がなされました。
そこにころりん号もお邪魔し、絵本などを無償で提供です。
20140609001.jpg
それぞれのブースをのぞくだけで楽しい気分。
器好きには嬉しい企画ですよね。
20140609002.jpg
生憎の雨降りでしたが、めげないめげない!
20140609003.jpg
ころりんブースは子どもたちに人気でした。
児童書をかなりな数、お持ち帰りになって、「良かったぁ!」とは及川さんの弁。
梅雨に入っちゃったので、外イベントが難しい季節となりましたが、
今後も雨天決行でいきましょう!

永沢仮設での図書館事業

2014.06.06.22:53

こちらの仮設団地には、ころりんスタッフがお二人、古座さんと廣野さんが住んでいます。
お二人とも義理堅い方で、江刺が「これやってほしーです!」ってお願いすると、絶対というほど断りません。
ちゃらんぽらんな江刺とは全く違う正しい方々です。
地域にもお顔が広く、信頼されているお二人が前宣伝してくださるので、絵本カーが行くとこんな感じでにぎわっています。
20140606001.jpg
今夜の大船渡は小雨模様です。
でも、休日はイベントが入っていて、どちらにもころりん号が出動します。
◎陶器市
 6月7日(土)10:00~15:00 さんりく駅前広場にて 担当:及川・中村
◎赤崎復興市
 6月8日(日)10:00~15:00 元赤崎小学校付近にて 担当:及川・江刺
どちらでも、本や雑誌の無償提供活動です。
雨降りかもねー。でも、やっていますので、お近くの方はいらしてくださいね。

「リフレの会in被災地」に行ってきました

2014.06.04.23:40

うれし野こども図書室(盛岡市)の高橋さんは10年前に東京子ども図書館で「リフレッシュコース」というストーリーテリング講座を受講しましたが、その時のお仲間が受講後「リフレの会」を作って、毎年持ち回りで大人向けおはなし会をしているのだそうです。
で、今年は岩手で大船渡・陸前高田になったわけですねー。
ころりんは協力団体という位置づけです。
20140604001.jpg
リフレの面々。仲間っていいですよねー。
20140604002.jpg
こちら、リフレのメンバーで、大阪で「おはなしころりん」という同名のグループの代表。
ころりんつながりで、折り紙のお土産をたくさんいただきました。

プログラムは以下のとおり。
①「クナウとひばり」…「おはなしのろうそく20」から(東京子ども図書館)
②「火の鳥と王女ワシリーサ」…「子どもに語るロシアの昔話」(こぐま社)
③「みそさざいとくま」…「子どもに語るグリムの昔話2」(こぐま社)
④「世界一のペンキ屋さん」…「アメリカのむかし話」(偕成社)
⑤「地獄からもどった男」…「子どもに語る日本の昔話1」(こぐま社)
⑥「ジーリコッコラ」…「みどりの小鳥」(岩波書店)
⑦詩 3編…「おーい ぽぽんた」(福音館書店)
⑧「赤い目のドラゴン」…リンドグレーン/文 (岩波書店)
⑨「鬼は内」…藤田浩子/編(出典不明)
⑩「タニシ王子」…「子どもに聞かせる世界の民話」(実業之日本社)
⑪「おさらをあらわなかったおじさん」…クラジラフスキー/作(岩波書店)
⑫「ドラゴンの話」…「三つのねじまき草と銅の城」(福音館書店)
⑬「小さなこげた顔」…「アメリカのむかし話」(偕成社)

釜石市の市教委と、内容が同じ事業について情報交換

2014.06.02.19:55

震災の年の冬、「3.11絵本プロジェクトいわて」から、絵本を運んだり閲覧したりできる「絵本カー」をちょうだいしました。
軽トラックを目的に応じて改造した車です。
ころりんでは、応急仮設住宅団地や地域集会所での活動の際に使っています。
全部で5台(行政へ3台、民間へ2台)が被災地に寄贈されたんですが、それぞれの寄贈先でどのように活用されているのかは把握していません。
広がりのある活用方法を探るヒントがあるかも…と思い、釜石市の「絵本カー」運用について伺ってきました。
ここ、教育センターの1階に担当部署がありましたよ。
20140602001.jpg
絵本カー専従職員1名がいらして、図書の司書でもあり、明るく可愛い方でしたので、サービスを受ける側は彼女の来訪を心待ちにしているだろうな。
絵本の貸し出しというより、おはなし会や折り紙制作で仮設の方々と交流することをメインにおいた事業のようでした。
5台の絵本カーの担当が集まってもいいよね。
時間と労力と資金があればやってみたいなー。(←ちょっと気弱?)
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。