スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手大学の教授からインタビューを受けました

2013.12.29.22:45

おはなしちゅーみん(盛岡市)の藤澤さんからの申し入れで、岩手大学の武田京子先生からの聞き取りがありました。
日本家庭科教育学会の共同研究として、「東日本震災と家庭科の課題(仮題)」と題して、この春に本を出版予定であり、その原稿資料にするためです。
先生とはすぐに打ち解けてお話でき、とても楽しい2時間でした。
ご贔屓の絵本作家が、先生も江刺も同じ方だったので、話が盛り上がっちゃって。
翌日には3000字の原稿案が届き、印象が新鮮なうちに書き留めてしまうその姿勢を見習わなくては!と。

昼食には、三陸復興推進機構の船戸くんにも来てもらってご一緒しました。
話せば話すほど、共通の知人も結構いることが分かる事態に。

昔、インドでゲストハウスをやっていた頃、岩手大学の稲先生という方が長逗留してくださったことを思い出します。
彼は今どこでどうしているのだろう。お元気であればいいな。

スポンサーサイト

今日は仕事納めでした

2013.12.28.22:35

赤崎地区の清水仮設での第3回目おはなし会を佐藤さんと中村さんと江刺で行いました。
赤蛸小学校の1年生から6年生まで5人の子どもとそのお母さん方。
温かみのある雰囲気ができ、良い仕事納めとなりましたよ。お疲れ様でした。

「今から行ける距離の温泉に行かない?」と夫を誘い、出発したのが午後2時半。
ひなびた温泉好きの私、陸前高田市竹駒町の霊泉玉山温泉に雪降る中出掛けました。
20131228001.jpg
ここは昔、金を産出した鉱山で、透明度の高い水晶も大量に取れたらしい。
金を運ぶ牛と稼ぎ人が雪まみれ。
20131228002.jpg
旧館に続く廊下がいい感じでした。この先に温泉があります。
なんていうか…つげ義春の漫画シーンが頭をよぎるような。
20131228003.jpg
まさに夢のような時間でした。窓全開で雪見風呂。
ひとり・熱めで綺麗でたっぷりのお湯・雪混じりの冷たい風・制約されない時間・雪景色。
年の瀬迫るこの日、期せずして最高の時間を満喫したのでした。
20131228004.jpg
あれ?ここは一応活動報告ブログなんだけど、ついうっかり温泉のことなどを…。

伊藤忠記念財団から来年度の助成をいただけることになりました

2013.12.27.21:46

子ども文庫助成事業の「子どもの本購入費助成」から採択いただきました。
ありがとうございます。助かります。
移動こども図書館事業はまだまだ続けるつもりですので、これから先も良質の本を子どもに手渡す活動をがんばっていきます。

岩手県では他に「山田町朗読ボランティア」さん「読書ボランティアささ舟」さんでした。
山田町さんにはお友達がおりますし、ささ舟さんとは以前から交流があります。
伊藤忠商事本社で3月に贈呈式がありますが、仲良しの柴田さんが間もなく退職という話も聞こえてきましたので、なんとかして参加しようと思います。

いろんな方と出会いながら、去る方もそれぞれ。
留まることはないのだな。まぁ、私もだけど。
…ここんとこ、ひとりになるとテンションが下がる傾向。なんでだろ?自分でもわかんない状況。

赤い羽根共同募金の助成決定!

2013.12.25.20:48

「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業の第12次助成(中長期)で採択いただきました。
第3次と第7次でもお世話になりましたが、再度、助成申請したのでした。
いずれも「移動こども図書館事業」の運営費です。

別事業で仮設住宅を巡回中、事務所からメールが入り
「赤い羽根より、重要書類が届きました!」とのこと。
予定を順調に終えて事務所に戻ると、スタッフが皆、目をまん丸にさせて
「江刺さん!重要書類です!」
「えぇ…(一人でこっそり開封したかったなぁ)」
…沈黙…
「あ、通った」
一同、悲鳴のような歓声と拍手。安堵と希望まぜこぜの笑顔。
スタッフに喜んでもらって良かった。
移動こども図書館車で出会う子ども達も親も大人も喜んでくれる。
助成金は大船渡市の皆さんのために、しっかり使わせていただきます。
ありがとうございます。

とってもありがたい知らせを受け、歓喜に湧く事務所内で、江刺はひとりローテンション。
日本中からの募金を助成金としていただくなんて、なんだか申し訳ないのだもの。
いつまでも助成金に頼ってばかりではいけないと痛切に感じました。
自立せねば。
ここからが正念場。

福岡からの視察団とのミーティング

2013.12.23.21:58

みんなが「サンタが町にやってくる」イベントをがんばり中、江刺は何をしていたか…
日中は、及川さんとともに、移動こども図書館車で赤崎地区の仮設住宅団地7ヶ所を巡回していました。
イベントの多い連休中日でしたが、皆さんいらっしゃってくださいましたよ。
フィリピン募金にご協力くださる方も後をたたず、充実の巡回でした。

夕方から夜にかけては、共生地域創造財団からの依頼で、福岡のグリーンコープ一行とのミーティングです。
被災地の現状や、活動の様子、今後の展望などをお話させていただきました。
どの方も福祉分野でご活躍の責任者レベルの方々でしたので、ご意見ご質問等有意義な内容でした。
20131222004.jpg
江刺の時間帯の後は、赤崎の地区公民館長の金野さんと、民生児童委員の吉田さんだったものですから、残って混ぜてもらっちゃいました。

翌23日祝日は久々のオフ!
両方の実家に顔を出し、午前2時間、午後2時間のお昼寝でバッテリーチャージしたのでした。(本当は温泉行きたかったぁ…)

「サンタが町にやってくる」でのおはなし会

2013.12.23.21:38

うちの中村さんが企画に加わっている「サンタが町にやってくる」イベント。
森くんが中心になっているなら…ということでほんのちょっとお手伝いしました。
ころりんから、千葉さんと廣野さんと佐藤さんと吉田さんがおはなし会を担当。
20131222001.jpg
佐藤さんは楽しいエプロンシアターを2つご披露。
彼女の子ども大好きオーラが観客を幸せな気持ちにさせるんですよねー。
20131222002.jpg
吉田さんは「こぶたたぬききつねねこ」のパネルシアター。
掛け合いが上手なうえに場数をこなしているので、子どもは夢中になります。
20131222003.jpg
さんまち実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。
大成功で本当によかったねー♪

大好きな夏井さんに久しぶりに会えました。
なんだかすっかり綺麗になっちゃって…お幸せにね。

地道に内部研修を積み重ねています

2013.12.20.21:47

団体の運営力強化を目指して、今年度は内部研修に力を入れているところ。
事務力のレベルアップを図るため、特に会計関係とパソコン操作を学んでいます。
この日は、全メンバーに声がけをして、希望者にパソコン教室をひらきました。
ワープロプランから先生を派遣していただきました。
電源入れるところから…という方にも丁寧にご指導くださいました。
20131220001.jpg
また、別の日は、会計担当者対象に、「会計王」の扱いを学びました。
ちなみに江刺はこれ触ったことがありませんですー。
20131220002.jpg
この日は、会計士の鈴木先生と、地方振興局佐藤さんがいらして、税や労務のお話。
事務所スタッフ対象です。
20131220003.jpg
学び合って、育て合って、成長著しく頼もしいメンバーです。
でも、設定したにもかかわらず、江刺は自分の仕事を進めたり外回りをしたりで、つい、どの研修もお休みしてしまいます。
自分用にはファンドレイジングの研修を受けたいなぁ…
意志さえあれば学ぶことができるはず、想いが足りないっつーことだわな、私。

ころりん号(図書専用車両)のタイヤ交換

2013.12.18.00:03

空模様が怪しく、間もなく雪かなというある日のこと。
江刺「タイヤ交換、そろそろですね。お忙しいところすみませんが、手配お願いしますね」
千葉「そうですね。私もそう思っていました。わかりました」
って、ここまでは普通ですよね。

でも、少しして瞳キラリッ、口元キリリッとした表情で再び目の前に現れ、
千葉「江刺さん、外注すれば2,000円以上かかります。でも、私ともうひとりがやれば、時給800円ですから1時間で1,600円で済みます。私たちでやっていいですか?」
江刺「えっ!?…(感動)…よろしくお願いします(ペコリ)」

これってスゴくないですか?なんちゅー素晴らしい方でしょうか!
そして彼女は黙々とジャッキを上げ始めるのでした。カッコいいなぁ~。
20131217001.jpg
おはなしころりんのメンバー29人はごく普通のおばさん達ですけど、案外普通の人ってスゴい力を発揮することがある。
結構エライ人と話してみたら、思ったよりつまんなかったりするしね。
普通の私たち、でも一人ひとりがかけがえのない大切な仲間。

今年度もクリスマスおはなし会をしました。

2013.12.15.21:34

午前の部は180人、午後の部は60人、たくさんの親子連れがいらしてくださいました。
ころりんソングの後は、絵本をスクリーンに大きく映し出しての読み聞かせです。
「クリスマスがせめてくる」小野かおる/作 福音館書店/発行
20131215001.jpg
午前は千田さん、午後は天野さんが読みました。
無邪気なクマの双子のお話です。その可愛らしさにクスクス笑い声。
20131215002.jpg
2番手は江刺のパズル絵本Boxです。
ルービックキューブのように箱の絵を組み替えていきます。
20131215003.jpg
お次は、パペット夢ふうせんさんのペープサート「シンデレラ」。
人形劇って花形ですよね。素敵でした。
20131215004.jpg
「赤鼻のトナカイ」を歌いながら、みんなで手話に挑戦です。
指導は、午前が古座さん、午後は廣野さんです。
20131215005.jpg
ここでいよいよサンタさんの登場!
今年は英語しゃべるサンタさん、ミニスカ女子サンタさん、愉快なトナカイさんの三人組。
子どもたちの質問にサンタさんが答えるQ&Aタイムです。
子ども「んと、んと、サンタさんの好きな食べものは何ですかぁ?」
サンタ「Yes,味噌スーープ!」(客席…爆笑)
母 親「うちの子ども達はよくケンカします。そんな子どもはプレゼントもらえますか?」
サンタ「Oh!Sometime!」(客席…とどのつまり結局どーゆーこと?)
20131215006.jpg
このあと、サンタさんが絵本「まどからおくりもの」の読み聞かせをして、会場全員で「あわてんぼうのサンタクロース」を合唱し、おしまい。
帰りにはサンタさんから子ども達一人ひとりにプレゼントの手渡しです。
音楽担当は午前が小笠原さん、午後は千葉さん。スクリーン担当入小さん、記録担当近藤さん、道具担当田中さん、受付誘導担当泉さんと及川さん。サンタはJeffとけーかちゃん、トナカイ中村さんでお届けしました。
20131215007.jpg
10年前の結成当初から続けているこのイベント、無事終了し、今年も暮れを迎えます。

仮設団地での読み聞かせ講座、三陸町の巡回が始まりました

2013.12.11.21:09

大船渡市内をくまなく廻る計画の当事業、昨日から三陸町に入っています。
午前中は、綾里の黒土田仮設住宅団地でした。
綾里独特のお手玉数え歌を教えていただいたのだけど、皆さん、爆笑に次ぐ爆笑。
「おらど、こどもだったがら、意味も知らねーで歌ってたんだでば!あーおしょしー、がはは」って調子。
20131211001.jpg
移動して越喜来に入り、ここで昼食をとりました。
三平食堂のランチ、海鮮丼とラーメンのセット、500円なり。美味しいしお得。
20131211002.jpg
午後は、越喜来の杉下仮設住宅団地でした。
これはみんなで輪になって、お手玉遊びを楽しんでいるところ。
童心にかえってみんなで笑い合うひととき。
20131211003.jpg
今日の午前中は、崎浜地区公民館です。
少し狭いお部屋に18人の皆さんがぎゅうぎゅう詰めて座って、わいわい語り合いました。
これはー、えーと、歌に合わせて手話体操をしているところかな。
20131211004.jpg
2巡目、3巡目するのが今から楽しみです。
そして、どこへ伺ってもフィリピン台風被災地への募金活動にご協力いただいています。
来週あたりに、募金活動の中間報告などを書いてみようかな、地元新聞「東海新報」に載せてもらいたいなと考えています。

いつもどなたかに支えられる毎日

2013.12.10.23:47

先日、三重県の野呂さんから、ご自身が作ったという干し柿が送られてきました。
農業をしながら図書館活動をボランティアでされている男性の方。
心を込めて作られたものが持つ美しさと、独特の食感とお味が好評で、その日出会ったすべての方に少しずつお分けしました。
20131210001.jpg
また、別の日は、兵庫県の本松さんがお守りを送ってくださいました。
江刺の娘らが受験生であることを覚えておられて、「学駅の入場券」チケットです。

それから、こちらでクリスマスおはなし会をするとお伝えしたら、大船渡の子どもたちにと言って、文房具200個を一つずつ包んで送ってくださったのは東京の大野さん。

京都の岡本さんは、細かい模様が描かれた200枚の手作り切り絵を。
これもクリスマスおはなし会でのサンタさんからのプレゼントにしました。

外国の方からもクリスマスお菓子がダンボール箱に入って届きました。

震災直後から私どもを気にかけてくださっている出版社銀の鈴社からは来年のカレンダーが今年も。

近くで笑いかけてくれる人、遠くから励ましてくれる人、会いにきて手を握ってくれる人、見えないところから応援してくれる人…
「なんでこんなに良くしてくださるのだろう。私、ダメなとこいっぱいあるのにな」って思う。
力不足な江刺を支えてくださるたくさんの人達の想いに報いるためにも、明日もまたやれるだけやるんだ。

仮設団地巡回の読み聞かせ講座関係者の第3回連絡会をしました

2013.12.08.22:32

参加者は、市立図書館と共生地域創造財団と遠野文化研究センター、あと実施主体のころりんです。
内容は、進捗状況の報告、今後の予定確認、情報交換って感じでした。
事業が順調に行われているので、特に問題は見出されませんけど。
20131208001.jpg
江刺の関心事は、現時点での地域のニーズに対応した、ころりんができる事業展開。
で、コミュニティ開発の術としての図書利用を提案してみました。
出雲市立ひかわ図書館の事例を用いて解説。
20131208002.jpg
情報交換途中から、やっぱりお茶飲み話になっちゃって。
「ちょっとー、この干し柿ね、三重県のなんだよー」
「ありゃー、うんだっこ(熟し柿)みだいな味だねー」
「お茶っこ、おかわり、けらいんや」
終わり頃には、会話は飛びまくりで、なぜかカミングアウトの花ざかり。
「実は、オレ、…!」「えー!?きゃー!(一同)」
「えーと、私はですね、実を言いますと…」「まさか!ぎゃー!(一同)」
まぁ、なんつーか、みんなで仲良しにはなったのでありました。

FMねまらいんラジオ(大船渡)で特番収録しました

2013.12.06.22:11

FMねまらいんで、毎日、朗読を放送しています。
番組名は「おはなしのおくりもの」、平日は午後4時から、土日は午前8時からと4時から、それぞれ15分間です。
内容は、日本の昔話とか、グリム童話とか、世界の民話なんかを朗読。
この日はお正月の特番の収録でした。
その場でつけた番組名「ころりんいどばたトーク」、1時間番組。
放送は1月3日の午前8時から9時までです。
左の方はねまらいんで私たちの担当者、山崎さんです。
20131206001.jpg
ころりんラジオチームの面々。リーダーは千田さんで、天野さんと小笠原さんと江刺。
20131206002.jpg
簡単な打ち合わせもそこそこに、すぐ収録へ。
「え!?…MC、私なの?」前回の打ち合わせに欠席して…
で、目の前にこのマイクがあるわけなのね。
20131206003.jpg
江刺にMCやらせたら緊張感のない普段のおしゃべりになっちゃうのにな。
案の定、ゆる~い絵本談義になりました。

ところで、オファーがあってNHKの「ラジオ深夜便」に2月に出演することになりました。
全国放送です。どうなることやら。

洋野町立種市図書館で講演しました

2013.12.05.22:13

その日、大船渡から車で水沢江刺駅まで行き、新幹線で青森は八戸まででて、八戸線を久慈方面へ南下し、途中の種市へ。
八戸線の「リゾートうみねこ」ってのに乗りました。
撮り鉄軍団の雰囲気にのまれ、にわか鉄ちゃんに早変わりの江刺も負けじと列車前方へ走ってしまいました。そしてこの写真を。
20131205001.jpg
可愛らしいアテンデントが案内してくださいましたよ。
なのに江刺は新幹線でもここでも、講演のレジュメ作成等で一人仕事モードなのでした。
20131205002.jpg
でも、合間をみて美しい海景色を。
大船渡辺りのリアス式海岸と全然違うのねー同じ岩手なのに。
20131205003.jpg
まー、見事に「あまちゃん」熱が続いていて、江刺もファンですからちょっとワクワクです。
種市駅を降りたら、駅そばの公衆トイレが、なんと!南部もぐりの潜水服の頭の形!
一人なのに、声出して笑っちゃったもんね!だはは、楽し♪
20131205004.jpg
講演会場は図書館の2階でした。
同じフロアに「歴史民俗資料館」があって南部もぐり関係が目白押し。
20131205005.jpg
夜は、図書館の平さんと人形劇の下田さんらとお食事して、そのまま大野の天文台へ。
その天文台の中を会場に、おはなし会があったのでした。
「ききみみずきん」さんというグループです。
20131205006.jpg
影絵を使っての読み聞かせも夢のような繊細さでして、満場の参加者を魅了しました。
おはなし会のあと、大きな望遠鏡で星を見せていただきました。
江刺は子どもの頃、星が好きで好きで…あの頃のお気に入り、スバルが見れました。
20131205007.jpg
海辺のホテルに宿泊。
一人のんびりできるチャンスだけど、4800字の原稿依頼があったのにもかかわらずほとんど手付かずであったため、相変わらず仕事モードのまま夜明かし。
で、美しい朝焼けみたら切なくなっちゃったので、気分転換に朝風呂へ。
眼下に広がる海を眺めながらのお風呂は最高でしたよー。
20131205008.jpg
平さん、お世話になりました。皆さんによろしくね。

赤崎町の佐野公民館でおはなし会をしました

2013.12.04.23:00

森くんのコーディネイトで佐野地域公民館に行ってきました。
素敵なログハウスの図書室があると前々から噂に聞いていたところです。
可愛らしい魅力的な図書室ですよね。
20131204001.jpg
小学生と中学生、それに大人の方々がいらして、おはなし会も良い雰囲気でした。
図書資料は、ころりんとも関係の深い伊藤忠記念財団からの支援で入ったもの。
20131204002.jpg
この日は、佐野地域の人たちが運営している「元気農園」の収穫祭だったんです。
収穫した蕎麦で、午前中に蕎麦打ち体験をしたそうな。
そのお蕎麦を皆さんと一緒にいただきました。
それから、サツマイモも収穫したそうで、焼き芋も。
みんなでワイワイといただくお蕎麦もお芋もとても美味しかったです。
ご馳走様でした!

日頃市町のデイケアサービスでおはなし会をしました

2013.12.02.22:18

仮設団地を巡回しての読み聞かせ講座、日頃市町には仮設団地がありませんので、地域公民館やデイケアサービスで行っています。
こちらは農協のデイケアです。講座の1回目と2回目は大人が対象ですが、3回目は子どもも参加して大人と一緒に読み聞かせ等を楽しむものにしています。
さて、その3回目の様子です。この日の担当は江刺、古座さん、中村さんです。
クリスマスも近づいてきたので、サンタさんのおはなしです。
20131202001.jpg
エプロンシアターもしてみました。なぞなぞです。
子どもたちが懸命に当てようとします。その真剣さに吹き出してしまいそうでした。
20131202002.jpg
子どもと大人が組んで手遊びです。
握手したり、肩たたいたりしているうちに、大人たちの表情が柔らかくなっていきます。
20131202003.jpg
最後は「お招きいただいたお礼に歌を贈ります」といって、歌い始める園児たち。
右に左に体を揺らしながら、口を大きく開けて元気にうたってくれました。
難しい長い歌で、希望の灯火が灯るような内容の歌だったので、大人たちは感動して涙していました。
20131202004.jpg
園児たちが園に戻るときは、皆さんに握手攻めにあっていましたね。
20131203005.jpg
心温まる、忘れられないおはなし会をなりました。
「まだ来てけらっせん」「次も待ってっから」
次年度もお訪ねするために、画策しなくては!
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。