日頃市小学校でブックトークしました

2013.09.30.22:01

依頼があって、日頃市小学校4年生の1時間目にブックトーク(本の紹介)をしました。
テーマは「新美南吉」です。
いつものおはなし会とは違うので、みんな「なんだなんだ?」と、どんぐりまなこをキョロキョロさせて興味津々の様子。

今年はちょうど生誕100年。
先日、道端に彼岸花が線香花火のようなあの形で真っ赤に咲いていました。
17歳で名作「ごんぎつね」を書いて、29歳で逝ってしまうなんて、急ぎ過ぎたよね。

ところで突然ですが、「でんでんむし」の背中の殻には、いったい何が詰まっているのか、ご存知です?
彼に言わせると、「かなしみ」ですって。
すごすぎる。

江刺お気に入りは「おじいさんのランプ」です。
「子どもの好きな神様」はいつかストーリーテリングで覚えたい作品。

あー、ダメだわ、夕方から江刺の背中の殻に詰まった「かなしみ」が重くなって、元気がしぼんじゃっています。
こんな夜は早寝に限るわ。
ちゃんと夜が明けて、目覚めの頃は当たり前に朝がやってくるはず。


スポンサーサイト

小中井仮設でおはなし会をしました

2013.09.29.23:57

仮設を巡回しての読み聞かせ講座「やってみっぺし読み聞かせ」は順調に日程をこなしています。
生協まつりの夕方は、小中井仮設での3回目の講座です。
3回目は、1回目と2回目に学んだ方が、実際に子どもたちを前に実践するというもの。
尾崎さんと大和田さんが落ち着いて読んでくださいました。
とってもいい雰囲気でしたね。
20130929003.jpg
いつもは受講者さんの実践発表のあとは、私どもがおはなし会を引き継ぐのですが、今回は復興支援で栃木県からいらした団体さんがやってくださいました。
わくわくおはなしキャラバン隊の皆さんです。
代表の加藤さんとは、震災の年にいらしてくださったときからのつながりです。
最初の年は江刺がアテンドしましたけど、昨年も今年もご自分たちで段取りされています。
20130929004.jpg
パネルシアターや操り人形、紙芝居等、盛りだくさんの1時間でした。
20130929005.jpg
今夜は遠野にお泊りで、明日は盛保育園と猪川保育園、そして矢作保育所でされるとか。
たくさんの子ども達に楽しい時間をお届けくださいます。

生協まつりにも「カンボジアへの絵本作成」で乱入しました

2013.09.29.23:44

カンボジアに絵本を贈ろう事業の第5弾は、いわて生協けせんコープの「生協まつり」にて。
外部の私どもがお邪魔していいの?みたいな気持ちだったので、場所は一番端っこを希望しました。
今日の担当者は吉田さんと江刺。
でも、メンバーが3人ほど顔を見せてくれました。
20130929001.jpg
「皆さん、お買いものに来る方々。このボランティア活動に参加する人っているかなー???」
しかし、始まってみれば、席が空くのを待つ方がでるほどの盛況ぶり。
「震災のときから、沢山の人たちに助けてもらっているからね、私も何かしたいのよ」
「カンボジアの小さい子が喜ぶような絵本を届けたいと思って」
などなど・・・世の中はやっぱりいい人がいっっぱいだ!(感涙
20130929002.jpg
励ましのお言葉多数あり、数々の差し入れあり。
アクションとして出店したのに、逆に多くの方から愛情たっぷり抱きしめられた感じで、何をしに来たんだっけと確認したくなるほど。
ありがとうございました。

吉浜中学校でカンボジアに贈る絵本を作成しました

2013.09.28.22:04

第4弾は吉浜中学校。全校生徒32人対象です。
彼らが吉浜小学校の生徒だったころ、読み聞かせの担当者が江刺だったものだから、全員が知っている仲です。
江刺「おっ、メガネかけたんだ」(巡回指導よりちゃちゃ入れ専門)
男子A「えへへ(照れ」
江刺「まぁ、身長伸びたなー」
女子A「うふふ、まあね」
みんなみんな、大事な可愛い子たちです。
20130928001.jpg
自分の作業が終わると、まだ終わっていないお友達の分を手伝う彼ら。
がんばってくれましたよ。
20130928002.jpg
この私たちの事業の協力団体、シャンティ国際ボランティア会の三木くんが来てくださいました。
彼は、カンボジアにお住まいだった経験があるので、生徒にその様子をお話いただきました。
三木くんを通して、今後シャンティとつながりそうな感触。
20130928003.jpg
カンボジアに行って、直接子ども達に手渡したいなーなんて思いますが。
そのリポートを関わった方々に報告できればいいのだけど。
時間とお金がないもん、見果てぬ夢だわ。

勉強会で大笑いしたこと

2013.09.25.23:56

毎月第1と3の土曜日は定例会で、その後に読み聞かせ勉強会をしています。
先日の勉強会でのひとコマで、金野さんが読んでいるのは「ぼちぼちいこか」(マイク・セイラー/作、ロバート・グロスマン/絵、いまえよしとも/訳、偕成社)
この絵本は保育園児から小学校高学年まで幅広くおはなし会で使えます。

ところが、関西弁で文章が書かれているんです。
東北人にはイントネーションがわかりませんが、子どもたちはその音の響きが面白いみたい。
金野さんったら、これを気仙弁なまりで読みを披露しました。脱帽です。
「ぼく、しょうぼうしになれるやろか」→「おら、しょーぼーしさなれっぺがや」
「なれへんかったわ」→「だーりゃーなれながったもの」
「はなしにもならへんわ」→「ば、ば、ば、だーってぇなさ」
ぎゃはははは!笑うわ、これ!みんなでお腹抱えて爆笑でした。
20130925001.jpg
金野さんのすごいのは、気仙弁監修を山浦先生に直にしていただいたということ。
山浦先生は、気仙弁辞書や気仙弁に訳した聖書を執筆された方です。
大笑いって気持ちがスッキリするよねー。
またお願いします♪

カンボジアに絵本を贈ろう一般対象とあまちゃんゲリラライブ

2013.09.23.23:46

午前中いっぱい、JR盛駅で4人でミーティングをしていたのですが、駅前の駐車場はNHKの大きな車で陣取られていたんですね。
太田「何かあるんじゃないの?」
宮本「まさかのあまちゃんが来るとか?」
江刺「地元の人間、誰も知らんぞ、そんなこと」

そして、「カンボジアに絵本を贈ろう」第3弾をシーパル大船渡で午後に実施。
参加者は8名。最年少は5歳のはると君。
20130923001.jpg
一番先に完成させたのは5年生の緒方さん。
器用な子で、2冊仕上げましたよ。ありがとう。
20130923002.jpg
お借りしたプロジェクター等の返却のため、カメリアホールに行こうとしたら、JR盛駅前は人集りでした。
どこからこんなに人が湧いてでてきたのか。
ご婦人A「なにす?なにあんのす?」
ご婦人B「だれが来んのすか?誰だべ」ワイワイガヤガヤ

そうこうするうちに不意に始まったんですねー、なんとフラッシュモブが。
「大船渡でフラッシュモブやれないかな?」と以前、相棒がのたまったことがあったけど、「人がそもそも通りにいないもんなー」と即却下したのでした。
が!やってくれたわ、三鉄職員とかで。
そのゲリラダンス途中から、じぇじぇじぇのあきちゃん登場です。
20130923003.jpg
観客はもう大喜びでした。
みんな、元気エネルギーを充電して、満ち足りた表情でしたね。良かったよねー。

末崎小学校の朝学習おはなし会担当にニューフェイスあり

2013.09.22.18:06

昨年度の「やってみっぺし読み聞かせ」事業(仮設団地を巡回しての読み聞かせ講座とお茶会)の参加者である尾崎さんのこと。
講座の他にも、研修会などがあるとその度にお誘いし、無理のない程度で参加されている方です。

例年同様、末崎小学校でのおはなし会は毎月1回全クラスで行っています。
昨年末あたりに江刺が担当のおはなし会を尾崎さんに何度か見学してもらって、春からは江刺と尾崎さんが組んで一緒に読み聞かせをしていました。
二学期からは、尾崎さんひとりで1クラスを担当してくださっています。
この日は3年1組に入りました。
20130922001.jpg
選書やプログラム組みは今のところ江刺がしています。
絵本「11ぴきのねこ」(馬場のぼる/作、こぐま社)をメインに。
20130922002.jpg
尾崎「本当に自信がないんです。あの読み方で良かったんでしょうか」
江刺「ぜぇ~んぜん大丈夫!(←変な日本語だ)落ち着いててとっても良かったよ」

私の知ることはお伝えしたいし、尾崎さんが知る別分野のことは教えてもらいたいな。
ともに育て合うというか、育ち合うというか。
人材育成は時間がかかって大変と言われるけど、私はしっかり時間をかけて大事に関わりたいと思っています。
冬が来る前くらいにはメンバー加入のお誘いをしてみようかなぁ。

越喜来中学校でカンボジアへ贈る絵本を作成しました

2013.09.21.08:39

日本の絵本にカンボジアの訳語シールを貼るというボランティア活動を市民にしてもらっています。
この日は、要請を受け、越喜来中学校JRC委員会の生徒さん10人が作業にあたりました。

江刺はここ越喜来中のすぐそば、三陸公民館の図書室と公営書店に勤務していたことがあり、当時はそこが子ども達の居場所みたいになって、毎日わいわい仲良く過ごしたものでした。
だから、生徒が教室に入ってくるたび「あっ!」「あれ?知ってる!」「あー!鈴木さん!(江刺の旧姓)」の声。
みんな、大きく立派になったわねー。
20130921001.jpg
カンボジアの子ども達の様子や、社会貢献活動についてのお話をきいてもらって、切り貼り作業に移行します。
20130921002.jpg
結構な集中ぶりでした。お疲れ様です。
「俺たちの元気がカンボジアに届けばいいなぁ」
ありがとう。
ちゃんと届くから。

伊藤忠記念財団のインタビューを受けました

2013.09.20.22:04

伊藤忠の柴田さんと初めてお会いしたのは、震災後の4月でした。
それから2年半の間に度々大船渡に来てくださっています。
子ども文庫助成事業から昨年度は助成を受けましたし、今年度は私どもの「カンボジアに絵本を贈ろう」事業で資金面でご支援いただいています。

「移動こども図書館」事業の図書もたくさん送ってくださいました。
でも、「お送りいただいて大変ありがたいのですが、東京の書店ではなく、大船渡の書店で図書を購入したものでちょうだいできませんでしょうか」とお願いしたのが震災後半年頃だったでしょうか。
そして、仮設商店街に書店を再開させたばかりのブックボーイさんをご紹介したのでした。
あれから2年を経ての3人での再会です。
「あのときは・・・」「あの頃は・・・」と話は尽きません。
20130920001.jpg
いい場所に広々とお店を開店させたブックボーイさん、がんばってくださいね。

何かと仲良くさせてもらった書店、エビス東港堂さんは人もお店も家も津波に流されました。
おじさん、おばさん、おばあさん、見ててください。
ここにいる人間でがんばっていきます。

地域安全アドバイザーの委嘱状交付式に行ってきました

2013.09.19.09:57

岩手に戻って10年、来るもの拒まずの姿勢をキープするが故に、今の江刺は「何でも屋」の如く。
で、
県環境生活部、県民くらしの安全課での委嘱状交付式のため盛岡入りしました。

「中秋の名月」前日のお月さまが綺麗。明るい夜空です。
たえず進行方向に現れるお月さまを眺めながらの帰り道でした。
「ぼく、お月さまとはなしたよ」(フランク・アッシュ/作、山口文生/訳、評論社)のように。
20130919001.jpg
車中の音楽、keith jarrettがお気に入りです。
昔、トルコに居た頃に良く聴いていた彼のピアノ。
キラキラしたピアノの音が月明かりに舞い乱れて、魅了されたままドライブを楽しんだのでした。

風と森のがっこう(葛巻町)に行ってきました

2013.09.18.22:31

今年も風森の絵本フェスにお招きいただきました。
今回は語り手としては江刺ひとりです。見学に村上さん親子がいらっしゃいました。

風と森のがっこう代表の吉成先生。ピターッと気が合うんだなぁ、この方と。
20130918001.jpg
おはなし会が始まり、初めの担当者は野田村の「あっぷっぷ」さん。
20130918002.jpg
次に、宮古市の「ぞうさんのミミ」さん。
トリが江刺でした。
手遊び。大船渡民話紙芝居「綾姫の里」、わらべ唄、おはなしbox「桃太郎」、素話「みょうが宿」
20130918003.jpg
お昼ご飯には、まかない飯カレーライスを関係者みんなでいただきました。
20130918004.jpg
午後イチは、「いっちゃん」と岩手大学演劇部による「よだかの星」(宮沢賢治)
20130918005.jpg
ビューティフルハミングバードのミニコンサート。
これが!思いのほか良かったんだよねー。即、CD購入。
20130918006.jpg
最後に、「絵本トーク」と称して、吉成先生がまとめ役で、江刺ともう二人がトークセッションです。
先生と江刺が盛り上がっちゃって、「バランス悪かったな」と反省。
「来年あたり、何か一緒に、地域コミュニティ関係をいっぱつやろうや」と指きりげんまんして後、長い帰路に入りました。

台風の後の夕焼け

2013.09.17.05:23

この日は大船渡も台風の影響で大荒れ天候。
「こんな日に外でお仕事してる方々は大変だわ」なんて思いながらお夕飯の用意です。
リビングスタディー好きの受験生娘らが、そばで「あっ!空が・・・」と。
振り向いたら、お部屋全体が空を映して赤く染まっていました。ビックリ!

「すごーい・・・」
三人で絶句してバルコニーから見た夕焼けがこちら。
20130917001.jpg
色がどんどん変化していく様、心を震わせながら眺めていました。
29130917002.jpg
夕焼けってなんか切ないです。

日頃市小学校でカンボジアへ贈る絵本を作成しました。

2013.09.16.14:43

被災地の住民が支援を受けるだけでなく、自分たちもどなたかのお役に立てるようなことをしてみようという企画。
社会的に弱い立場にいるカンボジアの子どもに、日本の絵本を修正し届ける活動です。
伊藤忠記念財団とシャンティ国際ボランティア会の協力を得て行います。

この日は日頃市小学校5年生10人が参加しました。
はじめに、カンボジアってどこ?どんな国?子どものくらしって?を学びます。
20130916001.jpg
真剣な表情です。
20130916002.jpg
次に、贈る絵本の中から1冊読み聞かせ。
「くわずにょうぼう」稲田和子/再話、赤羽末吉/絵(福音館書店)
20130916003.jpg
作業です。黙々と。
各々のページの日本語に相応するクメール語のシールを切り取って、絵本に貼ります。
20130916004.jpg
出来上がったら、最後にクメール語で自分の名前を絵本に書き入れます。
男の子「すっごい変な形の字!日本人で良かったぁぁ~!」
20130916005.jpg
授業が終わっても、カンボジアの子ども達の写真の前に集まって、質問攻めでした。
異なる環境で生活してるけど、同じ時を生きる同世代の子どもへの興味は尽きない様子。
20130916007.jpg
他に、吉浜中学校と越喜来中学校、生協祭りでも行います。
一般対象では、9月23日(月)13時~15時シーパル大船渡で、10月6日(日)10時半~12時居場所ハウス(末崎町)。
申し込みとお問い合わせは、江刺まで。(08060277321)

傾聴ボランティアの勉強会に参加してみました

2013.09.14.17:58

ここ大船渡には傾聴ボランティアとして活動しているこもれびの会という団体があります。
傾聴はカウンセリングの技能のひとつで、私どもの活動に直接結びつくものではないけれど、コミュニケーションスキルのアップをねらう目的で参加しました。
人材育成事業の一環として、事務所スタッフには必須で参加いただきましたよ。

仮設住宅団地を巡回して、講座やおはなし会・お茶会、また図書事業での交流など、支援対象者とお話する機会が多いのです。
日常会話と傾聴活動はまったく別ものですが、傾聴の知識や技能を身につけることで、私どもの活動により良い効果が得られるかもしれません。

ロールプレイは楽しかったですね。
聞き手の良い態度と悪い態度というのをあえて実演してみるプレイがあったんです。
私が話し手で、古座さんが聞き役(悪い態度)でそっぽ向いてるので、「よ~し、笑かすぞ~」と思って、江刺宅で今朝起きた「朝食時の牛乳吹き出し笑いでおかず牛乳まみれ事件」話をお聞かせしました。
古座さんは悪い態度なんてもともとできない優しい方なので、案の定の結果。
だはははは!

うれし野こども図書室の読み聞かせ講座 第4回でした。

2013.09.13.00:22

全5回のうちの第4回目でした。
第3回目に引き続き、ころりんのメンバーが実演発表し、美知子さんからご講評をいただきました。

今回も江刺から始めました。
6年生用のプログラムを組み、素話「みょうが宿」と絵本「からすたろう」を実演。

次は廣野さんが4年生向けに。
メインの絵本は、キーツの「ゆめ」。
20130913001.jpg
休憩を挟んで、ここからは読み聞かせ初心者メンバーの発表でした。
千葉さんは1・2年生向け。
絵本「ジオジオのかんむり」をいつもどおり美しく読みました。
20130913002.jpg
そして、佐藤さんは3~4歳対象に。
絵本「三びきのやぎのがらがらどん」をワクワクするみたいに読んでくれました。
20130913003.jpg
最後は中村さん。超初心者とは思えない落ち着き。
エリック・カールの絵本「はらぺこあおむし」を可愛らしく読みました。
20130913004.jpg
美知子さんからのご講評に皆さん、頷いていましたね。
素話を「まほうの馬」から「アリョーヌシカ イワーヌシカ」をご披露いただきました。
普段は普通のおばさん風の美知子さんですが、素話を語ると「やっぱただ者ではないわこの人」なんですねー。
20130913005.jpg
最後の5回目講座は、末崎小学校の図書祭りでの実演おはなし会を参加者に見ていただきます。
今から楽しみ楽しみ♪

仮設巡回読み聞かせ講座 下船渡でもやってみました

2013.09.12.05:59

ここ下船渡仮設は昨年度は実施しなかったところですが、ご要望があったので行ってきました。
数世帯が暮らす小規模な仮設団地。談話室で実施です。
月1回、移動こども図書館で巡回もしているので顔なじみの皆さんです。
20130912001.jpg
地元大船渡町の古座さんに前面にでてもらいました。
岩手の民話の絵本を読んでいます。
20130912002.jpg
そして、赤崎町蛸ノ浦の民話を紙芝居にした「大だこ退治」。
20130912003.jpg
わらべ唄からお手玉に入るくだりは、どこの仮設でも間違いなく盛り上がります。
幼い頃の遊びを思いだし、実際やって楽しんで、童心に戻ります。
20130912004.jpg
その流れでのお茶会なものだから、会話が弾む弾む。
20130912005.jpg
仮設外の方「あぁ、おもしぃなー、楽しいがー」
仮設の方「あんだ、来月もあっから、まだ来しゃいんやー」
仮設外の方「あらー、いいべがー?」
仮設の方「いいもなんもー、来しゃいんよ!」
この会話を小耳にはさみ、嬉しくてプルプル震える江刺でした。

これからは、ほぼ毎日、仮設を巡回しての講座があります。
気力十分!

仮設巡回読み聞かせ講座で小中井仮設の2回目でした

2013.09.11.18:46

1ヶ所に3回の訪問を計画しています。
昨年度と同じのぼり旗が青空をバックに気持ちよくはためきます。
20130911001.jpg
やっぱり始まりは体操ですよね。
これがないとシャキッとしないし。
20130911002.jpg
今日は、皆さんに絵本を音読していただきますが、その前に滑舌練習です。
大きい声を出して、皆さんで揃えるとスッキリするから不思議です。
20130911003.jpg
さぁ、声がお腹から出るようになったので、絵本を読みます。
「はらぺこあおむし」エリック・カール/作、もりひさし/訳、偕成社/発行
20130911004.jpg
口が疲れたところで、今度は大船渡の民話の紙芝居を聞いていただきます。
日頃市町の昔話「下関谷のざしきわらし」を江刺が。
20130911005.jpg
お次は、ここ末崎出身の佐藤さん、軍手人形「おおきなかぶ」です。
20130911006.jpg
「あぁ、疲れだぁ、疲れだぁ」ということで、そのあとはお茶会。
まー、次から次といろいろなお話が出ましたよー。
20130911007.jpg
皆さんがいっぱい笑って、いっぱいおしゃべりするだけで、ただただ嬉しい。
温もりある手がつながったんだもの、誰の手も離さない。
このまま離さない。

雨のち夕焼け

2013.09.08.23:57

この土日はお祭りとかイベントが目白押しでした。
せっかく、沢山の方々がご準備くださったのに・・・雨が降ったんだなー。
お天気ばかりはどうしようもないもんね。

でも、心配をよそにそれぞれのイベントは大成功だった様子なのでホッとしています。
みなさん、お疲れ様でした。

江刺は総務省統計局が行う住宅・土地統計調査の調査員をしているので、今日はそのお仕事をしていました。
帰宅途中に西の空が明るくて、ふと見上げたら雲が光って綺麗でした。
「綺麗だなぁ。遠くでがんばってるお友達にもお見せしたいなぁ。」とカメラをごそごそ用意する間に、輝く雲の色合いがどんどん変わっていくんです。
見とれちゃいました。時間が止まったみたいな感覚。
で、我にかえって撮ったのがこれです。
20130908001.jpg
復興支援に携わる外部の人たちも、地元の支援団体も、支援をうける人たちも・・・みんな疲れちゃってるよね。
疲れてるけど、まだまだ続きます、この復興という手ごわい相手に近づくには。

夕焼け見て、ほんの少しでも和んでほしいと。

県教委読書ボランティア研修会に参加しました

2013.09.05.21:35

県教委の読書ボランティア研修会は年に2回あって、1回目はいつも生涯学習推進センター(花巻市)で、2回目はいろいろな場所で。
大船渡が会場になるなんて珍しいです。
ころりんから7名が参加しました。

午前中は、絵本作家の国松エリカさんの講演。
演題「絵本作家として伝えたいこと」
一見控えめだけど、やはり独特の持ち味のある方で、関西人特有の楽しさと相まって魅力的でした。
20130905001_201309052111351cb.jpg
代表作「フンガくん」の制作過程をお話いただいているところ。
江刺の仲良し・三橋さん(国松さん隣)がマネージャーのごとく甲斐甲斐しく対応。
20130905002_20130905211137edd.jpg
午後は、JPIC読書アドバイザーによる実践方法の指導でした。
20130905003_20130905211139f3a.jpg
研修終了後、国松さんからのプレゼントで、各団体に2冊ずつ絵本を贈られました。
サイン入りです。ありがとうございます。
私が選んだのは、代表作2冊。
20130905004_201309052111406ac.jpg
長丁場の研修でしたが、何でも学ぶことって楽しいよねー。
「あ~ぁ・・・ ガッツリ勉強したいよ」
何を?←いくつかやりたいことがある。
いつ?←「今でしょ!」って言えない自分が情けなー。

仮設巡回の読み聞かせ講座を開始しました

2013.09.05.04:01

今年もやってみっぺし読み聞かせ事業がスタートしました。
末崎町の小中井仮設住宅団地です。

最初は「がんばるぞ大船渡」の曲に合わせ体操。
骨がボキッボキッなったのは私だけではない様子。
20130905001.jpg
はじめは絵本の読み聞かせ。佐藤さんです。
岩手県金ケ崎の民話「だいくとおにろく」(松井直/再話、赤羽末吉/絵、福音館書店)
20130905002.jpg
お次は江刺が絵本いろいろの紹介。
これは、大船渡市の花、「つばき」(矢間芳子/作、福音館書店)
20130905003.jpg
大船渡の民話を紙芝居にしたころりんオリジナル「大だこ退治」。古座さん。
大船渡市史第4巻民俗編の文献に、大船渡市立第一中学校美術部が絵を描いたもの。
20130905004.jpg
わらべ唄を楽しみ、そのままお手玉遊びへ。
参加者さんからお手玉の歌や遊び方を教わって、場が盛り上がりました。
20130905005.jpg
最後に、先日完成したばかりのパズル絵本「桃太郎」
20130905006.jpg
講座を終えて、参加者さんに絵本と絵本バッグのプレゼント。
今日は絵本の提供者である遠野文化研究センターからお二人参加されました。
20130905007.jpg
あとは、わいわいがやがやとお茶っこタイム。
キュウリのお漬物と、ほかほかじゃがいもの差し入れあり。
20130905008.jpg
まずは大成功でしたよ。
参加者さんも社協さんもスタッフも楽しそうでした。
さて、2月までの半年間に何ヵ所巡回するかなー?とにかく、やってみっぺし!

少年指導委員研修会に行ってきました

2013.09.03.22:27

今日は終日、釜石警察署で少年指導委員の研修でした。
江刺は、岩手県警の少年指導委員・少年補導委員・気仙地区少年警察ボランティア協会の会計をしています。
以前、大船渡警察署の生活安全課で少年補導職員をしていた関係です。
釜石の周辺市町村から10人が研修を受講。(大船渡は二人)

「江刺さんが来るなぁって思ってたんですよ!」
不意に話しかけられ振り向いたら、私が警察にいた頃に生活安全課長だった高橋さんがいらした。
いやぁ~、驚いたのなんの。3年半ぶりの再会です。
相変わらず、小栗旬似のキラキラ笑顔。
お互いに屈託なく会話を盛り上げましたよ。
県警本部の少年企画課長補佐として、研修会でふたコマお話されました。

懐かしい人と再会するときにこみあげてくる嬉しさって、格別ですよね。
こんなことがあると、「よし!明日もがんばろ」ってパワーが湧いてきます。

第2回大船渡市復興計画推進委員会に出席しました

2013.09.03.21:58

ころりん以外の活動も日記に残しておこうかと考え直し、カテゴリに「江刺の別活動」の項目を作りました。

まずは、先日の復興計画推進委員会です。
事前に資料を読んで「ん?ここってどうなの?質問しちゃおう」なんて用意していきます。
でも、今回は特に伺いたい点も見当たらなかったので静かにしていようと思っていました。

国交省も東北地区整備局もいらしてるし、大学の専門の著名な先生方もずらり。
市民からも重鎮が委員になってるなか、いかにも異質な存在の私。
女性も私を含めふたりだけ。
テレビ局も入っているし。
配布資料は立派だし(もちろん素人目ですけど)、市の説明も懇切丁寧。
復興事業は着実に進んでいるし。

なのに、最後の検討事項、大船渡駅跡地周辺の活用についてのところで、多目的使用の建物とかショッピングスペースとかの配置図を見て「んー?これつまんないなー、つまんないでしょー」って考えているうちに、議長に「はい!これってつまんないと思います」って言っちゃった!(冷汗 ←でも会場は爆笑

発言の趣旨は、大船渡市としての独自色がほしい、建ててみたら釜石や気仙沼や高田にもある商店街と同じでしたでは魅力がないのでは?ってことなんだけど。大船渡カラーを前面にだして、奇抜なまでに際立った特徴がなくちゃなーって。

しっかりテレビで放映されたらしい。
表現方法に気をつけねばと猛反省。ごめんなさい。

お話会用のパズル絵本を作ってみました。

2013.09.02.23:14

藤田浩子の編著「おはなしおばさんの小道具」から、パズル絵本「桃太郎」の制作に取り組みました。
担当者は佐藤さんで、スタッフはチームで佐藤さんをフォローです。

牛乳の紙パックを用い、大きさは手のひらに収まる程度・・・なんですけど、それじゃイベントとしては面白みがないなと思ったので、1辺が1m位の大きさのものを作りましたよ。

パズル絵本とはこんなんです。掛け声は、
江刺:むか~し むかし あったとさ。(手拍子)
みんな:はぁ~、それから。(手拍子)
江刺:じさまとばさまが あったとさ。
みんな:はぁ~、それから・・・って掛け合いながら物語を進め、内容に合致した絵を表に出していきます。

たとえば、これは桃をおばあさんが包丁で割るところ。
20130902001.jpg
真ん中を左右に開くと、
20130902002.jpg
桃太郎が桃からほぎゃぁほぎゃぁとでてくるところ。
20130902003.jpg
その面を上下に開くと、
20130902004.jpg
犬・猿・キジにきびだんごを手渡すシーンが出てきます。
20130902005.jpg
それを立方体に起こしたところ。
20130902006.jpg
この面は鬼ヶ島への門ですが、
20130902007.jpg
ここも左右に開けると、
20130902008.jpg
鬼の大将打ち取りて・・・・の場面。
20130902009.jpg
今日の大人向け(高齢者)おはなし会で使ってみました。
皆さん、喜んでくださって良かった。

佐藤さん、お疲れ様でした。
あなたのがんばりのおかげで、また一つ財産ができました。ありがとう。

事務所2階を大掃除しました

2013.09.01.00:59

遠くからいらっしゃるリピーターお客様、なぜかわからんが、「2階を見たい」「2階で打ち合わせしましょう」「2階がいい」とおっしゃる方が続きました。
あららららー・・・とりあえず2階においといてーという類の本が足の踏み場もなく山積みでした。

そこで、スタッフ女性6人が主婦力を存分に発揮し、腕まくりで大掃除をしました。
すごーい!3時間後にはどこもかしこもスッキリです。
あっ、事務所といっても、普通の一般家屋ですんで、こんな感じなんです。
20130901001.jpg
2階のスタッフは3名。それから統括の江刺。
20130901002.jpg
バルコニーが広~いので、長いお電話が入ったときは外で話しています。
20130901003.jpg
押し入れをストックのスペースにして、段ボールをボード代わりに使うあたりが、謙虚で可愛いおばさん集団たる所以かな。
空間も、デスクの上も、頭も、心も整理整頓し、9月もがんばりましょうぞ!
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク