スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠野文化研究センターに行って本をいただいてきました

2013.08.28.21:24

仮設団地等を巡回しての読み聞かせ講座では、学んだことをすぐ実践できるように、読み聞かせに使う絵本を受講生に差し上げる予定です。
来月頭から巡回が始まるので、支援物資で全国から送られた本を管理する遠野文化研究センターに出向き、そのための絵本をちょうだいしてきました。
当施設の松浦さん達にお世話になりました。

今回は7人で行ってきました。
みんな、なぜか選書しているうちにどんどん必死になって、最後は走って本を選んでいる状態へ。
20130828001.jpg
車2台で出かけましたが、ご覧の通り、ぎゅーぎゅー詰めです。
20130828002.jpg
よくがんばったとお互いを褒めつつ、中華でランチをいただきました。
満足気な笑顔です。
20130828003.jpg
これは江刺がオーダーした「ピノキオのランチ」1,500円也。
ピノキオという情報番組で紹介されたそうな。
酢豚も牛すね肉煮込みも杏仁豆腐も美味しかったです。
20130828004.jpg
活動と休憩時間、ミーティングとおしゃべりというふうに、メリハリつけられる仲間なので、本当に仕事がやりやすいなと思っています。
もうひとつ再確認したこと、やっぱ本って重いわー!
スポンサーサイト

わかば基金から助成金交付決定通知が届きました

2013.08.26.21:26

社会福祉法人NHK厚生文化事業団の「わかば基金」の東日本大震災被災地支援部門からの助成金です。
この資金は、大型絵本や紙芝居、図書装備品等の購入に当てます。
移動こども図書館車での巡回先でおはなし会を開きますが、これでますます楽しくしたいと思います。

仲間意識でしっかり結ばれたメンバーとともに、一歩一歩前へ進みます!

あーー、眠くて何を書いているのかよくわからず・・・
こういう日は速攻寝て、明朝はすっきり目を覚ますに限る・・・
おやすみなさい☾

インタビューに来た中学生からリポートが届きました

2013.08.25.20:26

先日、名古屋から中学2年生の鈴木くんがご両親といらして、被災地のことをインタビューしたのですが、それをまとめたとお知らせがありました。
夏休みの社会科自由研究の課題なのですね。

しっかりした字で丁寧に書かれています。
よくまとめられています。
がんばりましたね。
20130825001.jpg
20130825002.jpg
20130825003.jpg
20130825004.jpg
自分の調査結果を写真に撮って送ってくれたねー。
嬉しいです。
ありがとう。

また、いつの日か、大船渡を訪ねてください。
今は草の原の浸水域だけど、そこに新しい街が広がっているだろうから。
再会の握手をいつか。

男女共同参画サポーター養成の公開講座で事例発表しました

2013.08.24.22:02

同講座の一般公開講座は県内3ヶ所で開催だそうで、沿岸地区においては大船渡市が会場です。
地元からということで、江刺が事例発表させていただきました。

とはいえ、私、男女共同参画を活動の主な目的にした事業はしていないし・・・。

おはなしころりんの取り組みの中で、男女共同参画社会の実現を目指し、意識的に人とつながろうと思っていることをお話しました。
活動とはとても言えない小さな動きだけど、その意識的な声がけや行いが、だんだんに人の間に広がっていき、繋がっていき、大きな流れになって社会を変えていくのかもしれないと考えているから。
震災後の様々な問題を抱えたこの地で、復興を市民レベルで後押ししながら、男女共同参画の意識も組み入れ、今のボランティア活動に携わっていきたいものです。

20130824001.jpg
諸先輩方が優しい表情でうなずきながら、私の拙い話を聞いてくださいました。
ありがとうございます。

吉浜中学校のひまわりの種活動を紹介します

2013.08.23.22:00

9月から10月にかけて、カンボジアの子ども達に絵本を贈るボランティア活動にみんなで取り組む企画をします。
1回目が日頃市小学校で、2回目が一般公開で子どもと保護者向け、3回目が吉浜中学校で、4回目が一般公開で生協祭りで、5回目も一般公開で末崎町の子どもと一般対象です。
どんなふうにボランティア活動をするかはあとでお知らせしますね。

で、吉浜中学校での打ち合わせに行ってまいりました。
流れで絵本の話になり、指田和子さんという絵本作家の復興支援のことを伺う機会を得ました。
阪神淡路大震災で亡くなった幼い女の子の絵本を作った方です。
その絵本にひまわりが登場するのですが、同じ被災地へとの思いで、ひまわりの種を送ってくださったそうです。
校庭にはひまわりが大輪の花を咲かせていました。
学校では、感謝の気持ちを種とともに広く皆さんにもお分けしたいとの願いから、種を内部に美しく飾ったタオル掛けリングを作り、お配りしているとのこと。
これです。素敵ですよね。
20130823001.jpg
校長室内にその工房がありました。
生徒が時間をみつけては作業に勤しんでいるそうです。
20130823002.jpg
細かい作業ですよね。
扱うものが小さいから大変だわ。
20130823003.jpg
こちらが、その絵本です。
私どもの移動こども図書館事業での貸し出し図書にも、この本を入れようと思います。
20130823004.jpg
こちらの本は、東日本大震災の発災時の様子を絵本にしたもの。
村上校長先生は当時、釜石東小学校におられて、生徒を誘導し避難させた方ですが、その様子を指田さんにお話し、この本が出来上がりました。
絵はなんと!私の好きな、伊藤秀男氏。
彼の作品である絵本「けんかのきもち」は私のお気に入りで、時々読み聞かせに使います。
20130823005.jpg
でも、ページをめくっていくつかの絵を見たとたん、あの頃を思い出して、涙が出てきてしまいました。
今の段階では、とても子ども達に貸し出すことはできないと感じました。
図書資料として、事務所に1冊置いておきます。

名古屋から中学生がインタビューに来ました

2013.08.21.22:46

中学2年生の鈴木くんという生徒が、夏休みの社会科自由研究のために、被災地の現状を見にきました。
先月から電話やメールでやりとりして、とうとうご両親とともに大船渡へ。

ご両親の愛情を一身に受けたからでしょうね、素直で柔らかな心を持った野球少年。
私の目をまっすぐ見て、話を聞き、頷く彼。
可能性に満ち溢れているだけでなく、温かい色合いが広がるような、希望を感じます。
20130821001.jpg
事務所で1時間程お話し、その後は赤崎地区の大立仮設住宅へ向かうようにご案内しました。
大立では、ころりんメンバーの中村さんが、今日はアロマセラピーのイベントのサポートなので、そこで鈴木くんにボランティア活動を体験してもらい、仮設の方々と交流してもらえればと考えた次第。
大立仮設の支援員さんの小澤さんもご紹介したので、仮設での生活についてお話を聞けたかもしれないな。

鈴木くん、来てくれてありがとう。
大事なのは、対象者が何を必要としているか、よく見て、よく聞いて、よく感じて、よく考えること。
それに対して、自分は何がしたくて、何ができるのか。(得意分野を作るといいよ)
動き始めたら、今よりもっといい動きを探りながら方法は途中で変えても構わない、目的さえ外さなければ。
時々、自分は何のためにやっているのか自己チェックをして、おかしいなと感じたら軌道修正すればいい。

私はそんなに長くはもたない。
次の時代を作る鈴木くん達につなげるところまではやるから、そのあとは任せたよ。

末崎町の居場所ハウスに寄ってみました

2013.08.18.22:51

毎月第3日曜日は、移動こども図書館車で末崎地区の応急仮設住宅団地5ヶ所を巡回します。
子どもに絵本や児童書を貸し出し、大人には書籍や実用雑誌を無償提供する活動です。
活動終了後に、居場所ハウスに寄ってみました。

場所がちょっとわかりにくく、先日こちらを探したのですがとうとうたどり着けなかったという経緯があったので、今回はちゃんと調べてから。
20130818001.jpg
古民家を修復した造りとか。
時を重ねたものが持つ味わいと美しさが感じられます。
だから、初めて来たのに懐かしい印象です。
そして、地域の財産になりうる建物でしたね。
20130818002.jpg
地域の方々が、地域における自分の役割を見つけること。
お互いに頼りにし合いながら、ゆるやかにつながりを築いていくこと。
そんな場所づくりを目指しているらしい。いいねー!
20130818003.jpg
管理を担うNPO「居場所」創造プロジェクト理事長の近藤さんは、以前からの江刺の仲良しなんです。
お茶をサーブしていただいているところ。
ありがとうございます。
20130818004.jpg
ティーポットからカップに注いだら、可愛いピンクいろの紅茶でした。
オーガニックな、春のフルーツと花の紅茶ですって。
20130818005.jpg
移動こども図書館車の巡回と、読み聞かせ講座やってみっぺし読み聞かせ2013の開催への協力をお願いしたところ、快諾してくださいました。
サポートセンターの熊谷さん、居場所ハウスのスタッフの皆さん、サポーター田中くん、よろしくね。

事務所前で前田鹿踊が突如行われました

2013.08.16.23:07

何の前触れなしに太鼓が鳴り響いたので、何事かと表に飛び出したら・・・
じぇじぇじぇっ!なになに?これなにー!

実は、初盆のお宅を巡回してのお参りなのですねーこれが。
猪川町の前田鹿踊の皆さんでした。
20130816001.jpg
始まりは厳かに静かな太鼓の音から。
20130816002.jpg
一糸乱れぬ動作。
ちなみに時刻は午後2時前で、ものすごく暑い時間帯。ひゃ~っ!
20130816003.jpg
こんな狭い歩道で激しい踊りをご披露くださったのは、地域で普通にお仕事して普通にお住まいの市民なのですけど、これってすごいことですよね。
20130816004.jpg
市内の地区ごとに、初盆のお参りに、念仏剣舞や鹿踊がお披露目されます。
たとえば、三陸町越喜来の崎浜ならば崎浜念仏剣舞、大船渡町笹崎ならば笹崎鹿踊というふうに。
毎年、普通にこれやってるけど、これってすごくない!?
すごいよ、大船渡。

子どもゆめ基金から助成金交付の決定通知をいただきました

2013.08.13.07:28

助成活動名は、「絵本作家がやってきた!2013」です。
指折り数えてみたら、5年目の事業なんですね。
最初にいらしていただいたのは、飯野和好氏。
二人目は、あきやまただし氏。
三人目は、谷川俊太郎氏。
そして、昨年の四人目が、松岡亨子氏。

活字でしか知り得なかった著名な方々との交流って不思議な感触を覚えます。
一緒に講演会を形作ったあとに、その方の本を読んでみると、声や笑顔や握手したときの温もりとかが蘇ってきて、一層親しみを感じます。
その方の思いが絵本のページから起き上がってくるようです。
面白いな。

さて、今年も作家さんと大船渡の子どもたちをつなげる活動をいたしますので、楽しみにしててくださいね。

ころりん事務所はお盆休みに入ります

2013.08.12.00:45

盛町の七夕行灯まつりも無事終わりました。
昨年にくらべて、観光客がグッと減ったように感じました。
5年後10年後を考えて、維持する方法を考えなくちゃなーなどとお祭りに携わる私は思ったりします。

お祭りの翌日、いつも朝の挨拶を交わすお兄さん。
お兄さん「お祭り、終わったねー」
江刺「いやぁ~、楽しかったですよねー」
お兄さん「来年のお祭りもきっと楽しいよー」
えっ!来年のをもう楽しみにしているんだ!なんかすごい。
ころりん事務所でスタッフの千葉さん。
江刺「クジの景品が少し残りましたねー」
千葉「あっ!これなんか使える。来年の景品にしましょうよ!」
えっ!来年のイメージが既にできてるんだ!すごい。

ころりんブースの成果としては、本の無償提供コーナーでは527冊を差上げましたし、10円クジコーナーでは341回で3,410円、控えめに置いておいた募金箱には5,500円も入ってありました。
助成金対象外の経費に使わせていただきます。
20130812002.jpg
ころりん事務所はお盆休みに入ります。12日から16日までです。
その間スタッフはいませんが、会員は鍵を開けてご自由にお使いくださいね。
お盆明けは17日が定例会と勉強会、18日は移動こども図書館で末崎地区の仮設5ヶ所を巡回、その後は夏休みを終えた小学校に図書貸出予定が怒涛のごとく迫ってきますので、お盆休み中は時間を見つけてしっかり充電してくださいませ。
以上、会員向け伝言でした。
20130812001.jpg
今週、ころりん事務所にご用の方は、電話(0192-47-3931)しても不在ですので、江刺のころりん携帯(080-6027-7321)までご連絡願います。

七夕のお祭りで本を無償で提供しました。

2013.08.10.17:53

盛町の七夕祭りで、本を差し上げたり10円でクジをひいて遊べる場所を作りました。
本の内容は、赤ちゃん絵本から百科事典まで多種多様。

さぁ!「よ~い、よいど~!」の掛け声を合わせながら行灯の山車をみんなで引いて、お祭りが始まりました。
20130810001.jpg
スタッフの廣野さんは、永沢仮設住宅団地で「願いのハーモニー」というグループのまとめ役で、小物を手作りして販売しています。
10円クジのお隣で彼女も販売に努めます。
20130810002.jpg
みなさんのおかげさまで、10円クジは特に賑わいました。
ころりん会員の最高齢者、吉田さんも店番のお手伝いにいらしてくださいました。
20130810003.jpg
本の提供コーナーにも沢山の方々にお寄りいただいて嬉しかったですねー♪
念入りに選書する姿が数多くみられ、読書活動推進に携わる者にとって、その真剣さは感動的ですらありました。
20130810004.jpg
夜になると人出は最高潮。
ご来場、ありがとうございました!
20130810005.jpg
江刺は震災直後から1年間だけ、建設コンサルのパシフィックコンサルタンツ株式会社にお勤めしたのですけど、そこの元上司佐藤さんはダンボール箱で1箱半の本を持っていってくださいましたよ。
ころりん募金に千札円入れることを忘れないあたりが流石だなー。

ラジオ収録用の朗読勉強会をしました

2013.08.08.21:07

今年度は人材育成に重点をおいた活動を計画しています。
読み聞かせの勉強会・絵本の講習会・朗読の勉強会・傾聴の講座・パソコン教室・会計ソフトの講習・簿記検定などなど、被災地で活動する団体としての運営力の強化を図る目的です。

で、この日は、朗読のための勉強会です。
大船渡市のFMラジオ「ねまらいん」で、月~金は16時から、土日は8時と16時から、15分間の朗読をしています。子どもが対象のプログラムなんですが、大人の方々から「聴いてるよー」って反応があります。
20130808003.jpg
参加者は、千田さんと天野さんと小笠原さんと江刺の計4人。
時間を計りながら、ひとりひとり読み上げていきます。
20130808004.jpg
あらー、こうして写真にしてみるとごちゃごちゃした空間だわー。
事務所の1階は移動こども図書館事業で使い、2階は人材育成事業および仮設巡回読み聞かせ講座(やってみっぺし読み聞かせ2013)の事務局となっています。
ちなみに江刺のデスクはここです。
お盆休みにもうちょっと片付けなくっちゃ。

きっぴんきっずのお楽しみ会で読み聞かせをしました

2013.08.08.20:48

移動こども図書館事業では、小学校や仮設住宅団地のほかに、子育て支援団体9つへも巡回をしています。
絵本の読み聞かせおはなし会をおこなったあとに、子どもと保護者に絵本を貸し出す活動です。
吉浜のきっぴんきっずさんは震災後に事業を立ち上げた当初からの巡回先です。

この日は、お楽しみ会があって、その中でおはなし会をしました。
いつもの大広間ではなく、お世話役の白木澤さんが私たちのおはなし会用にお部屋をご用意くださいました。
今日の語り手は千田さんと廣野さんです。
20130808001.jpg
先日覚えたばかりのサイダーの手遊びは、子どもたちにも保護者にも喜ばれ大成功です。
20130808002.jpg
このような小さな規模でのおはなし会を地道に積み重ねながら、子どもや保護者、子育て支援団体との結びつきを強固なものにしていきます。
そうして築いた信頼関係こそが、私たちの宝物なんです。

3.11絵本プロジェクトいわて 手遊びの復習をしておきます

2013.08.06.08:07

ころりん結成10周年記念交流研修会で、盛岡市立中央公民館にお邪魔した際に、庭園内のオープンスペースでおはなし会があり参加しました。
3.11絵本プロジェクトいわての「絵本サロン」での活動ですね。
そのときに面白い手遊びを知り、うちのメンバーも気に入ったものですから、復路バス車中で忘れぬように復習したりしていました。

手遊びを紹介してくださったのは、大切なお友達である小田さんです。
♪ひーとつ、ふーたつ、□ー□□サイダー♪
20130806001.jpg
♪ひーとつ、ふーたつ、□ー□□サイダー♪
20130806002.jpg
♪サイダー、サイダー、ボンボンボン♪
20130806003.jpg
♪そんなに冷たくしないでね、そんなに冷たくしないでね♪
20130806004.jpg
♪ひーとつ、ふーたつ、□ー□□サイダー♪
20130806005.jpg
♪サイダー、サイダー、シュワーーー!♪
20130806006.jpg
子どもはもとより大人も「シュワーー!」と涼しげで、爽快感満点でしたよ。
短い手遊びですけど、可愛いし愉快だし、ころりんでもおはなし会に使わせてもらいましょうね。

あ~ぁ、動画撮りそこねちゃった。

ころりん結成10周年イベント 交流研修会(盛岡市)

2013.08.05.23:20

今年は、おはなしころりんを立ち上げて10年目にあたります。
記念事業として、他団体の活動を見学し、交流もさせていただきながら研修を行いました。
参加者は18名です。

さて、盛町を出発!
差し入れの品々がどんどん回りつつ、いかにも嬉しそうな笑い声がそこかしこから聞こえてきました。
午後に見学する「いわさきちひろ展」に備え、彼女の生涯や作品についての勉強会も車中で行いました。
20130805001_201308052222368f4.jpg
おトイレ休憩とお野菜のお買い物は、遠野市小友の産直ともちゃんにて。
スイカを3個お買い上げの強者あり。
20130805002_20130805222502331.jpg
最初の目的地である盛岡市立中央公民館では、3.11絵本プロジェクトいわて事務局長の赤沢さんが丁寧に案内してくださいました。
スレンダーな方が赤沢さんです。
庭園にある原敬の茶室「白芳庵」のご説明をされているところ。
20130805003.jpg
その茶室前で記念撮影です。あら?二人足りないわ。。。
みんないい笑顔で撮れてて良かったー♪
絵本サロン活動の一環で、後ろの「白芳庵」内は絵本や写真集が綺麗に展示され、手作りのお人形も並べられていました。
20130805004.jpg
その奥の庭スペースでおはなし会が開かれましたので、見学です。
20130805005.jpg
その後は、公民館に併設された蔵の中に保管されている寄贈本の見学です。
震災後に23万冊が集まったとのこと、仕分けに大変ご苦労された様子。
ボランティアさんが1年間かけて仕分けを完了させたとか。お疲れ様です。
20130805006.jpg
お昼は、そのボランティアさん方の手作りでした。
本日のメニューは、シーフードカレーライス・フライドベジタブル・フレッシュサラダ・豆乳冷スープ・フルーツでした。
これが300円だなんて申し訳ない感じです。
右側列におはなしころりん、左側列に盛岡のボランティアさんが並び、交流しながら楽しくお食事です。
20130805007.jpg
3.11絵本プロジェクトいわて代表の末盛千枝子さんからお話を伺いました。
すえもりブックスの代表でもあり、岩手の彫刻家・舟越保武氏の長女。(八幡平市在住)
20130805008.jpg
午後は、岩手県立美術館に移動し、「いわさきちひろ展」見学です。
綺麗なものに飢えていた江刺は、いたいけな子どもの絵を目の当たりにし、無性に泣けてくるのでした。(年のせいか涙もろくて困る!)

ミュージアムショップにて、ころりん結成10周年記念の記念品として、小さな額に飾られたいわさきちひろ作品を会員の人数分を購入。
また、10年がんばりましょうぞ!

うれし野こども図書室理事長とサシ飲みしました

2013.08.05.04:42

ある日、「大船渡に行くけど、乾杯したい気分」とお誘いをうけ、願ったり叶ったりと出かけました。
場所は、復興屋台村の「えんがわ」です。
めったに飲まない私ですが、美知子さんがお相手ですので、復興支援談義とともに杯が進む進む。
あれこれ情報を自分たちなりに分析したり、戦略的思考でもっての今後の取り組み方法など、語りだすとキリがないという状態に二人して突入してしまいました。
20130805001.jpg
愉快の一言に尽きます。
こういう気の置けない先輩の存在は、私のパワー源のひとつ。

仮設住宅団地巡回読み聞かせ講座の関係者連絡会を開きました

2013.08.02.00:08

平成25年度復興支援の担い手の運営力強化実践事業に採択された「やってみっぺし読み聞かせ2013」事業の第1回連絡会を開きました。
おはなしころりん専従スタッフと、市立図書館渡辺さんと、共生地域創造財団多々良くんと、岩手大学三陸復興推進機構船戸くんとの打ち合わせ会議です。
事業はじめの顔合わせではありますが、皆さんそれぞれが既に顔見知りなので、和気あいあいと議事が進行しました。
20130801001.jpg
人材育成と実践事業をうまく絡めて目的に達したいものです。
サポートの皆さんに感謝しながら、滞りなく事業が進むように力を尽くしてがんばります!
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。