スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥州市の派遣職員 亀井貢さんのこと

2013.02.28.17:03

どこの被災地でも、応援として遠くから派遣でいらっしゃる行政職員がたくさんいらっしゃいます。
岩手県の奥州市市役所からも大船渡市役所に何人か職員さんがいらして、毎日働いてくださっていますが、
今回ご紹介したいのは、そんなお忙しい毎日なのに、私どもとともに読み聞かせ活動に参加されている亀井貢さんのことです。
亀井さんは平成24年2月から25年2月までの間、盛小学校で読み聞かせをしてくださいました。
盛小学校では、私どもおはなしころりんは平均月6回ほど、朝学習の15分間におはなし会を開いています。
そこへ、活動を希望される亀井さんをお誘いした次第です。
20130228002.jpg
よくとおる声に爽やかさを感じます。
2月21日(木)は3年生を担当しました。
これが大船渡での最後の読み聞かせになります。
紙芝居で日本の昔話を読んでいるところです。
男性の読み手ということで子どもたちも興味津々です。
20130228001.jpg
この3月で大船渡での勤務は終了し、奥州市に帰られます。
子どもたちも私たちも、亀井さんにはいろいろとお世話になりました。
ありがとうございます。
お帰りになっても私たちはつながっていると思いつつ、元気に活動を継続していきます。
お元気でね。
スポンサーサイト

倫理研究所から支援をいただいています

2013.02.27.15:07

社団法人倫理研究所の東日本大震災教育支援基金として「りんりん基金」というのがあります。
昨年、ご支援いただいたが、引き続き今年もサポートしていただけることとなりました。
ありがとうございます。
助かります。

こどもの読書応援プロジェクトin大船渡という事業名で
絵本等の購入に助成金をあてています。
以下は、購入した絵本の一部です。
20130227001.jpg

20130227002.jpg
図書資料として貸し出しに使用したり
私どもの読み聞かせおはなし会で使わせていただいています。
活動はたくさんの皆様からのご協力によって成り立っているのだと
思うことしばしば。
多くの方々に支えられながら、この地域のお役にたっていきたいと思います。

巨大絵本プロジェクトの井階麻未さん

2013.02.24.21:20

神戸のアーティスト、井階麻未さんと知り合うきっかけがあり、
被災地の子どもたちに大きなキャンバスに絵を描く楽しみを味わってもらいたいという彼女の想いを伺い、
おはんしころりんがコーディネイトしました。
訪問先は大船渡市立盛小学校で、1年1組の子どもたちにお願いしました。

12月4日、まずは床にシートを敷いて、
2m20cm×10mのキャンバスを固定し、
アクリル絵の具などを用意します。
20130224001.jpg
5校時の授業としての取り組みです。
教室で絵のテーマについて話し合い、想像をふくらませ、自分は何を描きたいのか考えます。
テーマは「12月」
20130224002.jpg
大きなキャンバスを前に子どもたちの瞳が輝きます。
やる気満々!
20130224003.jpg
さて、始まりました。
黙々と描く子、歓声をあげながら挑む子、
小さく丁寧に筆を走らせる子、手に絵の具を付けて体当たりする子、
それぞれの表現を楽しんでいました。
20130224004.jpg
20130224005.jpg
作業終了したあとは、一人ずつ何を描いたのか発表です。
満足気な顔が並びます。
20130224006.jpg
どんな作品ができたでしょうか?
それは「クリスマスおはなし会」で作品発表したので、
そちらを見てくださいね。
井階さん、お疲れ様でした。ありがとう!

クリスマスおはなし会

2013.02.23.23:05

去る12月9日に毎年恒例のクリスマスおはなし会を開催しました。
図書館主催「お楽しみ親子劇場」です。
たくさんの方々がいらしてくださるので
午前の部と午後の部の2回公演にしています。
参加者数は午前が約250人、午後が約100人。

当日のリハーサルを終えて休憩中のメンバー。
中央のアメリカ人はサンタ役の若者Alexです。
20130223001.jpg
イベントとしての読み聞かせなので、スクリーンに絵本を大きく映し出して
後ろの方々にもよく見えるようにしました。
絵本は「ぐりとぐらのおきゃくさま」
20130223002.jpg
午前の部には途中で人形劇が入ります。
パペット夢ふうせんが演じる「赤ずきんちゃん」です。
20130223003.jpg
紙芝居などの後に、いよいよサンタクロースの登場!
エンターテイナーAlexの見せ場。子どもたちの歓声に包まれました。
20130223004.jpg
午後の部では、サンタクロースが絵本を読みました。
「まどからおくりもの」です。
20130223005.jpg
午後の部のもうひとつの見所は巨大絵本の創作のおはなしです。
縦2m×横10mの巨大キャンバスに
神戸のアーティスト井階麻未さんと盛小学校1年生が一緒に描いた力作です。
井階さんは被災地の小学生を元気づける目的で単身大船渡入りされたのでした。
ありがとうございます。
20130223006.jpg
会場には絵を描いた小学生や保護者もいらしてくださって、
おはなし会終了後に絵をバックに記念撮影をされていました。
良い思い出となりましたね。

受講者が図書館のおはなし会で読み聞かせに挑戦

2013.02.21.16:51

各仮設で2回の読み聞かせ講座を受講し、仮設で子どもたちに読み聞かせを実践した方々が
今度は市立図書館でのおはなし会実践にトライする企画です。
初めて会う子どもたちや保護者を前に、練習の成果を披露します。
20130221001.jpg
練習しすぎて疲れたと言っていましたが、
本番ではどなたもしっかりと読まれていました。
20130221002.jpg
子どもたちは大喜びです。
みんなで楽しく過ごせて、発表者も笑顔です。
20130221003.jpg
この日は4人の受講者が読み聞かせをしました。
お互い初めて会う者同士でしたが、
小さなおはなし会を成功させた仲間として
親睦を深め、新しいつながりを作っている様子でした。
20130221004.jpg
「このようなボランティアをまたやってみたい」と言われ
希望が灯りました。
皆さん、お疲れ様でした。

仮設を巡回しての読み聞かせ講座 11月は猪川町

2013.02.20.11:23

7月から大船渡市内の応急仮設住宅団地や地区公民館を巡回して
読み聞かせ講座を開いています。
1ヶ所つきに3回訪問し、講座をするたびにお茶会の時間も設け
仮設入居者や地域住民との楽しい交流を図ります。
11月は猪川町の仮設を巡回しました。

こちらは下権現堂仮設。
小規模仮設ですが、住民間のつながりの強さが印象的でした。
軍手人形によるお話を楽しんでもらっているところです。
20130220001
大船渡市内で最も大規模な仮設住宅団地である長洞仮設です。
歌を歌いながら手話の動きを学んでいる場面です。
歌は「おおきなうた」でした。
20130220002
長谷堂仮設です。こちらは仮設の集会所ではなく、県営住宅の集会所を利用して、地域の方々にも参加しやすいよう配慮しての場所設定です。
2回目のプログラムで、滑舌練習のあと、絵本「おおきなかぶ」の読み聞かせ練習です。
皆さん、日頃しっかり声をだすことがないので、読後は「すっきりした!」と喜ばれました。
20130220003
ろくろ石仮設での3回目のプログラムは、子ども向けに受講者が読み聞かせの実施をするというもの。
発表者はそれぞれ練習してきた様子でした。
喜んで聞いてくれる子どもたちの笑顔に励まされ、大人も元気になりました。
20130220004
同じ大船渡市民ですから、どこの仮設を訪問しても知り合いがいます。
再会をともに喜び、講座を楽しみ、お茶会で日頃の想いを語り合い・・・。
岩手県からの助成金をいただけたおかげですし、支援対象の皆さんのお役に立てるよう活動しましたが、
私どもスタッフの喜びも多い事業だったと振り返って思います。

松岡享子さん講演会

2013.02.14.23:15

あれよあれよという間に時は流れすぎ
「ところでブログ、どうしたん?」と遠く離れる友からの気遣う声。
はい、がんばろ!

10月23日に、東京子ども図書館理事長の松岡享子さんをお招きしての講演会を
子どもゆめ基金からの助成で実施しました。
幼児と母親やおばあちゃんらにお話やわらべ唄をお聞かせしているところです。
松岡さんと参加者の間になんの隔たりも感じられません。
楽しい時間を共有したいという温かな空気につつまれました。
20130214003.jpg
その後は、子供たちを託児のボランティアさんにみていただいて、大人同士のお話の時間です。
松岡さん作の絵本を読んでくださっている場面です。
「うれしいさんかなしいさん」という絵本。
この絵本の収益金は東日本大震災の復興支援に充てられるそうです。
20130214002.jpg
私が司会で、皆さんからのご質問をうけ、松岡さんがそれにお答えになるという進め方でした。
花巻市や一関市など遠くからいらした参加者もおられました。
私どももいれて約40名の参加です。
20130214001.jpg
参加した方々から「良かったよぉ」と喜ばれ、ホッと胸をなでおろす私たちでした。
松岡さん、ありがとうございました。
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。