杉下仮設の高校生チーム「なじょかじょる」

2015.11.07.23:11

先月から「東南アジアに絵本を贈ろう!」事業に着手。小学校・中学校・高校に出向いて、生徒さんたちにボランティア活動を体験してもらっています。シャンティ国際ボランティア会と伊藤忠記念財団とうちとのコラボ企画です。
今夜は、杉下仮設に住んでいる高校生ら5人に参加していただきました。この生徒さんたちは私が大船渡市の読書指導員をしていたころ、読み聞かせをしたり一緒に遊んだりしていた子たち。彼らが保育園から小学3年生までの付き合い。今夜も「鈴木さーん!」って呼んでくれた。←江刺の旧姓
作業をしながら、懐かしい話に花が咲き、笑顔いっぱいで元気をもらいました。当時も今も本当にいい子たちです。ご協力ありがとうございました
DSC_0144.jpg
DSC_0135.jpg
DSC_0139.jpg
スポンサーサイト

カンボジアに絵本を贈る活動in盛小学校・越喜来中学校

2014.11.11.18:13

この事業の連携先である伊藤忠記念財団の岩沢さんが東京から、シャンティ国際ボランティア会の三木くんが釜石から参加してくださいました。
遠くからおいでいただいてありがとうございます。
三木くんは実際カンボジアに1年間駐在したことがあるのでその様子などお話しし、岩沢さんは東京でこの絵本づくり作業をされた経験から子どもたちのご指導役になりました。
20141111001.jpg
いつもおはなし会ではニコニコしている6年生ですが、授業となると顔つきもキリリとしていて真剣そのものです。
20141111002.jpg
こちらは越喜来中学校の3年生です。
小学生のときによく読み聞かせで仲良くしていた生徒たちなもんだから、数年ぶりのみんなとの再会がとても嬉しかった。
みんなも覚えててくれて。ありがとうー!やんちゃなところもメチャクチャ可愛い。
20141111003.jpg
さて、当事業は今年度も無事完了です。以下は訪問先と対象者。
①日頃市小学校 5年生と6年生
②世田米中学校 1年生
③赤崎復興市 一般市民
④大船渡高校 希望者
⑤サポートセンターおたすけ 高齢者
⑥盛小学校 6年生
⑦越喜来中学校 3年生
⑧大船渡市働く婦人の家 一般市民
合計180冊の本ができ、東京の担当者にお送りしました。
皆さんのご協力に感謝申し上げます。
誰かのお役に立つって、嬉しくてなんだか元気が湧いてくるよね。

カンボジアに絵本を贈る活動in末崎

2014.11.02.18:17

この日は高齢者施設にて活動を行いました。
天気予報では終日不安定な空模様とのことでしたが。
早朝に高い山に届くような虹を眺め、午前中にはころりん事務所の真上に虹を眺め、お昼休みには漁港から虹を眺め、午後のこの活動に向かう途中にこんな綺麗な虹を眺め・・・終わらないのだもの。
「うわー!」「まただ!ラッキー」「あらら、まただわ」「えっ、ここにも」って感じ。
夢のような、物語の中に閉じ込められたような、摩訶不思議な感覚で。
ひとりでいるときに見えるものだから「現実よね」と確認するため写真を撮ってみました。
うん、現実だわ。
20141102001.jpg
サポートセンターおたすけという小さな施設に高齢者7人集まってくださいました。
子どもたちと違って、ワイワイと話に花が咲き、それでも手はしっかり動いていくという大人の仕事ぶりです。
20141102002.jpg
作業が終わってからは、お茶会をしました。
出るわ出るわ、がんづき・なべやき・漬物・大福餅・おせんべいなどなど。
「食べろ食べろ」と言われるので素直な江刺は食べる食べるぅぅぅ。
お夕飯抜いてもお腹が苦しくて、おかげさまで早寝して日頃の疲れをとったのでしたとさ。

カンボジアに絵本を贈る活動in大船渡高校

2014.10.26.18:34

今年度も大船渡高校で希望者対象に行いましたら、なんと46人の生徒が参加。
4時間目が終わってからの時間帯なので、みんなお腹すいているだろうに…。
いつものように初めにカンボジアの子どもたちの生活環境などについてお話しました。
落ち着いた澄んだ瞳でまっすぐこちらを見てくれます。
20141026001.jpg
「きゃー!ころりんさんですよね。嬉しーい!こんなところで会えるなんて!」とはしゃいでくれたこの女子生徒たち。
彼女らが小学生のとき、江刺はよく読み聞かせをしたり、おしゃべりしたものでした。
覚えてたのね。私もあなたたちのこと、覚えていますよ。キラキラ瞳の清水さん。
20141026002.jpg
作業への真剣さはそのままで、和やかに談笑しながら絵本を丁寧に作りました。
お疲れ様です。ありがとうございました。
20141026003.jpg
作業が終わった生徒から昼食をとってもらいました。
仲良くお弁当を食べている生徒を見て「あぁ、私の可愛い双子娘にも、ついこの間まで毎日お弁当を作っていたのだったなぁ。こうやって彼女たちはお友達と食べていたんだなぁ」と、今は大学生になった娘らを思い出しました。
子どもは何歳になっても宝物です。
地域の子どもたちの笑顔があふれる大船渡は、さしずめキラキラ輝く宝箱って感じ。

カンボジアに絵本を贈る活動in赤崎復興市

2014.10.20.09:51

良いお天気に恵まれました。お客様もいっぱいいらっしゃっていただけて喜ばしい限り。
食品・手芸・野菜・果物・たこやき・やきとり・海産物にアイスクリーム…
みんなでがんばって準備しました。
20141019001.jpg
地域の皆さんが楽しそうに買い物やおしゃべりしているのを見ると、嬉しくて。
20141019002.jpg
赤崎復興隊の一員である江刺も、ころりんブースで活動します。
ころりんメンバーで赤崎にお住いの金野さんと及川さんもいっしょに。
20141019003.jpg
カンボジアの子どもたちに届ける絵本をつくるボランティア活動をみなさんにしていただきました。
結局、予想にはるかに越えて23冊も絵本が完成して、しかも「こんなことがしたかった、ありがとう」と言われ、なんともジーーンと胸を打たれたのでした。
20141019004.jpg
ライブもありました。たばちゃんと石井くん。
しっとりと歌う赤崎小学校校歌が大いにウケていましたね。
20141019005.jpg
来月もやります!赤崎復興市。
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク