スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興支援事業の成果報告会で発表してきました

2015.02.12.22:21

2月11日、県の平成26年度復興支援の担い手の運営力強化実践事業、成果報告会が釜石市でありました。団体と事業内容は以下のとおり。
①元気の出る家(虹の家)事業【NPO法人母と子の虹の架け橋】
②陸前高田まちづくり協働センターによる協働推進、団体連携構築事業【NPO法人レスパイトハウス・ハンズ】
③仮設の「まち」におけるコミュニティ・ケア事業【平田公園仮設団地まちづくり協議会】
④地域復活 共に学び合い発信しあう仕組みづくり事業【NPO法人三陸情報局】
⑤地域と人、なりわいをつなぐ「復活の森」再生事業【NPO法人吉里吉里国】
⑥やってみっぺし読み聞かせ2014【読書ボランティアおはなしころりん】
⑦震災地に緑とめん羊による景観形成と住民交流の輪を拡げまちづくりを支援する事業【NPO法人越喜来の景観形成と住民交流を図る会】
⑧陸前高田市における米崎りんご6次化事業【一般社団法人SAVETAKATA】
⑨沿岸広域の被災地のNPO法人等の情報共有と研修を通じた運営力強化事業【NPO法人アットマークリアスNPOセンター】
⑩「北限のゆず」による復興の街づくりプロジェクト【北限のゆず研究会】
20150212001.jpg
最後に県から来年度の同事業についてのお知らせがあって、今年度とほぼ同規模で募集をかけるそうな。
もちろん申請します。ただし、新しい活動で。
今年度実施した活動はスタッフによる自走化を目指し、来年度申請予定の新事業は江刺ひとりで挑戦してみようと思っています。
東日本大震災の直後、地元の避難所を回り始めた時も、はじめは江刺ひとりからの行動だったもの。
道を拓くことに、何の気負いもない。
スポンサーサイト

赤い羽根チャリティホワイトプロジェクト

2015.01.07.21:29

中央共同募金会とソフトバンクの「赤い羽根チャリティホワイトプロジェクト」に応募した事業が始まりました。
「やってみっぺし読み聞かせ2015」です。
webにアップするということで、短い文章を送りました。以下。
『子どもの読書活動の推進と、子どもを中心に据えながら地域全体を視野に入れた総合的なコミュニティ再生に取り組んでいます。子どもに読み聞かせをしますと笑い声をあげて楽しんでくれますが、その笑顔の奥に隠れているであろう悲しみをどうやって共有し励ますことができるのかと思い巡らします。「本でつながろう 本で心を育てよう みんないっしょに」をスローガンに、皆さんのご支援に報いたい想いで、今後も力の限り活動を続けていきます。』
20150107001.jpg
東京の大野さんが手作り品を販売して、100人の方々から集めた10万円をお送りくださいました。
横須賀の「16ミリ試写室」の松澤さんからは、1000人の方々のご寄付23万円を。
お気持ちがこもった資金を使わせていただくという責任がある。
しっかり努めます。ありがとうございます。

やってみっぺし読み聞かせ講座、順調に取り組み中です

2014.12.29.17:29

仮設や地域集会所・高齢者施設等に訪問して、読み聞かせを手段に交流する当事業、2巡目・3巡目に移っています。
2巡目からは、江刺除きのスタッフで巡回していますが、この日は視察とテレビ撮影のため行ってきました。
すっかり顔見知りの皆さんと童心にかえり、お手玉遊びでわいわい大騒ぎです。
20141229001.jpg
この後ノ入仮設は今出山の麓にありますけど、その山は昔、金山だったという民話の手作り紙芝居を古座さんが読みました。
臨場感たっぷりで、皆さん、お話の中に引き込まれていきます。
20141229002.jpg
そしたら、驚いたことに、ひとりのおばさんがお部屋に戻って何やら持ってきました。
おばさん「ほれ、これあげっから、もっていがっせん。重いけんとも」
江刺「ん?これ、何す?岩だがね?」
おばさん「金の鉱脈のかけらだ。いいべ」
江刺「えーーーっ!き、き、きんですか?」(いいのか?もらっちゃって…タジタジ)
20141229003.jpg
テレビ撮影でした。江刺のインタビューも数分しました。
放映はテレビ岩手で、番組名は「手を、つなごう。岩手」、内閣府の番組です。
1月13日(火)18:54~19:00のなかの、3分くらい。見てみてください。
20141229004.jpg
終わって皆さんがひけてから、内閣府からのヒアリングでした。
「青少年育成に携わるボランティアの活動状況に関する調査研究」先行事例ヒアリングですって。
20141229005.jpg
全国10のヒアリング事例を調査報告書に掲載して、全国の青少年行政主管課、関係省庁に配布したり、内閣府のHPで公表するんだって。
すごいなぁ。よくわからんが、すごいことになってきたみたい。

隣の陸前高田市の仮設に事業の拡張開始です

2014.12.19.18:44

今月から「やってみっぺし読み聞かせ」事業では、陸前高田市の仮設住宅や地域集会所にも巡回をスタートさせました。
写真は竹駒町の細根沢地域コミュニティセンターで行ったもの。
昔話や物語を楽しんだり、童心にかえって昔遊びに興じたり、昔の生活習慣に関する思い出話を回想法を取り入れたグループワークで共有します。
大笑いの連続で、涙を流しながら笑っている方々もいるもんだから、勢いが付きまくりの1時間半でしたよ。
20141219001.jpg
ペープサート(紙人形劇)は、方言たっぷりの笑い話です。
20141219002.jpg
大船渡の今出山の金の鉱脈を見つけたお話を紙芝居につくったのを読みました。
「昔の紙芝居屋さんは飴っこ売りながら紙芝居見せたべども、ころりんは気前がいいから好きな飴っことってけらっせんね」
「(爆笑)」
って感じの連続。
20141219003.jpg
各々、好きな絵本を手に取り、さっそく読んでいました。
みなさん、そのうちに誰かに読んでくださるといいなー。
20141219004.jpg
お茶してますます仲良しになったので、お別れが惜しくなっちゃって、みんなでできるお手玉遊びをしました。
歓声が起こってねー、楽しかったですね。
20141219005.jpg
1月2月とまだまだ陸前高田には行きますよ。
あと、来月には大船渡市内の災害公営住宅団地の集会室にも参ります。
がんばるぞー!

宮田仮設(立根町)で読み聞かせ講座をしました

2014.08.21.16:23

まぁー暑いことこのうえなし!
この暑さのなかでも皆さんが来てくださいます。そして、一緒に講座を楽しんでいます。
はじめに、わらべ唄をご紹介して、子どもの頃を懐かしむ内容を盛り込んでいます。
遠野のわらべ唄を江刺が歌い、その大船渡バージョンをお聞かせし、写真のように佐藤さんが今の保育園で遊ぶわらべ唄をご披露しました。
わらべ唄って、子どもがちゃんとした人に育ちますように…っていう願いが込められた関わり遊びなんですよね。
20140821001.jpg
1時間半ほど、なんやかんやと講座を進め、お昼前に終了です。
その直後、明治大学のご支援で流しそうめんをいただきました。
ちゃっかり私どももいただいちゃって…。ご厚意に感謝です。
20140821002.jpg
そして、甫嶺仮設での講座も無事終了。
来週は長洞仮設と地の森仮設で予定しています。
寄付のご協力を
郵便振込         【口座番号】        02260-8-114405    【加入者名】         江刺 由紀子
ようこそ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。